スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南国呑行

2012.12.03 (Mon)
ご無沙汰しておりました。
久しぶりに羅臼へ帰ってきたら案の定、冬になってました。

2週間、大阪~高知~淡路~神戸~篠山~東京~千葉と旅してきました。
メインは淡路島への帰省だったのですが、ついでに懐かしい友人たちにたくさん逢ってきました。

11/17~20 大阪~高知県室戸市~馬路村
大阪までは飛行機、そこからバスに5時間半ゆられて室戸へ。
4年前まで羅臼に住んでいた友人に逢いに行きました。
hitokoma2012-1202-1.jpg
バスを降りたら恥ずかしい嬉しいお出迎え

hitokoma2012-1202-2.jpg
4年ぶりの宴会は車庫にて(風船の飾り付けがポイント)。
カツオのタタキと自然薯入りお好み焼きをごちそうになりました。

翌日は皆でゆずの里、馬路村へ
hitokoma2012-1202-8.jpg
バンガローを借り切って連日の宴会。
この日は軍鶏(しゃも)鍋、ちょっと〇〇風味が欲しいよね、と・・・

羅臼にいたころはお互いの家でしょっちゅう飲んだくれていました。
北海道を去る日には苫小牧まで見送りにいったことも。

4年経って、高知でまた飲める日が来るとはね。
最高のおもてなしをしていただきました。ありがとう!

彼は現在、本格派手作りの犬小屋を製造・販売しています。
カッサン建築工房

11/20~23 淡路島
こちらも約4年ぶりにカミさんの実家へ帰省です。
hitokoma2012-1202-4.jpg
淡路はみかんや柿がそこかしこに生っていて、長閑です。
暖かくて、穏やかで、羅臼に帰るのがイヤになります。

hitokoma2012-1202-5.jpg
どこに行っても紅葉がキレイでした。
食べ過ぎ、飲み過ぎを解消するために400mの山へ慰霊登山をしましたが、頂上の御茶屋のようかんを食べてしまいました・・・
ご家族には連日たいへんなおもてなしをいただき、ありがとうございました。


11/23~25 神戸~丹波篠山
神戸で10年ぶりの旧友と飲んで、翌日は篠山で7年ぶりに再会。
篠山といえば、黒豆、いのしし肉、山の芋。
hitokoma2012-1202-6.jpg
いくら美味そうとはいえ、近くで見過ぎ。

ぼたん鍋。しかも野菜類は全て自分の畑で採ってきたものだそうです
hitokoma2012-1202-7.jpg
あまりの美味しさに大量の鍋を全て平らげ、仕事から帰って来た奥様の分がまったくないという事態に。
昼から人様のおうちに上がりこみ酒を飲んだあげくのこの失態。本当に失礼いたしました。

篠山は、野菜も豊富で山の幸が豊かな町でした。
昔の城下町の面影を残す街並みは歩いているだけで楽しく、古民家を利用したお店がたくさんあって良い景観が保たれていました。こういう雰囲気が北海道にはないですね。

11/26~28 東京~千葉
そろそろ暴飲暴食の日々とさよならしたかったのですが、東京でも旧友と飲んだり・・・。

今回の旅では、軍鶏、猪豚、淡路牛、牡丹鍋、馬刺し、etc・・・
なんか珍しい肉ばっかり、数年分のごちそうを食べた気がします。

久しぶりに逢う人が多かったので、行く先々でたいへんなおもてなしをしていただきました。
自分も、知床に来る人に対してどんなおもてなしをしているのか、改めて考えました。
何年もガイドやっているとおもてなしが惰性になってくることもあります。

たまにはおもてなしを受けることも必要ですね。
この旅でお世話になった多くの方々に感謝です。
ありがとうございました。今度は僕が知床でもてなす番です。

スポンサーサイト

屈斜路湖へ

2012.10.11 (Thu)
プライベートで屈斜路湖周辺を散策してきました。

川湯のつつじが原トレッキング
hitokoma2012-1011-1.jpg
低標高にハイマツやイソツツジが群生する奇異な場所です。
花の時期はさぞかしきれいでしょうね。

hitokoma2012-1011-2.jpg
硫黄山(アトサヌプリ)と温泉たまご

屈斜路湖和琴半島トレッキング
hitokoma2012-1011-3.jpg
カツラの巨木

hitokoma2012-1011-4.jpg
オヤコツ地獄

川湯のエコミュージアムと公衆浴場も最高でした。

早くもエゾカンゾウ

2012.05.30 (Wed)
所用でウトロに行ったついでに、オロンコ岩へ。
hitokoma2012-530-1.jpg
ゼンテイカ(エゾカンゾウ)
まだ5月だよ。こんな早く咲いたっけ?
他にもオドリコソウ、センダイハギ、マイズルソウ、エゾシモツケなどたくさん咲いていました。

ここはエゾシカが侵入できないので、知床本来の海岸植生が残っている貴重な場所。
日当たりもよく、羅臼北浜付近に比べて約一ヶ月開花が早い別天地です。

おまけ
hitokoma2012-530-2.jpg
警戒しながらも知らん顔のオオセグロカモメ。

水道凍結!羅臼の洗礼

2011.11.30 (Wed)
更新ご無沙汰でした。
10日ほど千葉へ帰省しておりました。
向こうは暖かく、紅葉がまだピーク前でした。
hitokoma2011-1130-4.jpg
養老渓谷の紅葉


そして羅臼に帰ってくるなり、氷点下の洗礼
hitokoma2011-121.jpg
いきなり除雪作業!
10日も内地にいると体が鈍って寒さが堪えます。

そして今朝、水道が凍結しました。
外気温-8℃、吹雪。
たぶんまた暖気で復活すると思いますが、12/1の凍結は10年目の越冬で最速記録です・・・・

おまけ
今回の帰省は苫小牧からのフェリー。行きがけにウトナイ湖へ立ち寄る。
hitokoma2011-1130-5.jpg
マガンの群れ。渡りの途中に立ち寄るのは数千羽にもなる

hitokoma2011-1130-1.jpg
ヒシクイとコブハクチョウ。羅臼ではなかなか見られない

hitokoma2011-1130-2.jpg
オオハクチョウ

さすが野鳥の聖地、ウトナイ湖!

根室にて

2011.11.18 (Fri)
一ヶ月続いた根室の仕事も一段落。
最終的には約1000本のイチイに保護ネットを巻いて終了しました。

根室名所巡り
hitokoma2011-1118-1.jpg
花咲の車石。海底溶岩が海水で冷却され、このような珍しい形(放射状節理)になったそうです。

hitokoma2011-1118-2.jpg
ユルリ・モユルリ島。無人島だが、野生の馬がたくさんいるそう。
そのうちカヤックで行ってみたいですね。

hitokoma2011-1118-3.jpg
落石岬。
知床岬に似た雰囲気の海岸段丘。南風が吹くと20m近い波が立つそうです。ここもカヤックで漕いでみたいですね。

hitokoma2011-1118-4.jpg
日本では落石岬にしかない天然記念物サカイツツジの群落。
この貴重な群落も増えすぎたエゾシカに踏み荒らされ、問題になっています。

hitokoma2011-1118-5.jpg
今時期のサカイツツジ。遊歩道沿いにはエゾシカがたくさんいました。
来年はサカイツツジ保護のため、エゾシカ防護柵の設置の仕事があるようです。
今回は現場の下見に来ました。

hitokoma2011-1118-6.jpg
夕暮の長節湖(ちょうぼしこ)
温根沼の横にある静かな佇まいの湖。周囲に遊歩道があり、冬はワカサギも釣れるそうです。

近くに住んでいながらほとんど行くことがなかった根室ですが、良いスポットがたくさんありますね~
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。