スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知床海獣ツアー

2014.01.08 (Wed)
昨年からスタートした知床海獣ツアー、今年も始まっています。
今日は絶好のコンディションの中、試乗会に参加してきました。

hitokoma2014-18-1.jpg

hitokoma2014-18-2.jpg

hitokoma2014-18-3.jpg

50~60頭の群れ2つに遭遇、計100頭以上のトドを観察できました。
間近で見るトドは迫力満点、唸り声は恐怖を覚えるほどです。

厳冬期の早朝ツアーなので、とても寒いです!防寒対策は万全にしてお越しください。
今日は奇跡的に暖かくて最高のツアー日和でした。

トドは流氷が来る2月中旬まで羅臼の沿岸部に留まっています。
ツアーのお問い合わせやお申し込みは羅臼観光協会まで。

スポンサーサイト

授乳

2013.06.05 (Wed)
hitokoma2013-65-1.jpg

hitokoma2013-65-2.jpg

迫力のトド

2012.12.28 (Fri)
昨日12/27に以前このブログで紹介した知床海獣ツアーの試乗会があり参加させていただきました。

hitokoma2012-1228-1.jpg
このような小船で行きますので、とにかく暖かい服装が必須です。
今回は1時間半ほどの短い時間でしたが、風が冷たく体感気温-10℃くらい、報道関係者の皆様は寒さで体が固まってしまったようです。

麻布漁港を出航してすぐにトドを発見。
ゆっくり走りながら次々とトドが現れます。
hitokoma2012-1228-2.jpg
今回はトドとの距離は平均50mほど。たまに船のそばに突然顔を出すこともありました。

hitokoma2012-1228-3.jpg
トドが潜る瞬間

トドは大変頭がよく、トド打ちのハンターの船、ウニ漁師の船を覚えているそうです。
ウニ漁が始まると、好奇心旺盛なトドはウニ船に近づいてきます。
今回は初めての遊漁船による見学ツアーのため、トドもある程度距離をとっていましたね。
自分たちにとって安全な船だと認識されればもっと寄ってくるのではないか、と船頭はおっしゃっていました。

hitokoma2012-1228-4.jpg
全部で100頭近くのトドを見ることができました。

今までは陸から見ていたのですが、やはり船で近づくと迫力あります。
体長2m、300キログラムの巨体が数十頭の群れでいるわけですから。

年明け1/5からこのツアーは始まります。
日本でこれだけでトドを見ることに出来る場所は他にないでしょう。
流氷が来ると沖合いに去ってしまうので、流氷が来るまでの期間限定ツアーです。
お問い合わせは羅臼町観光協会まで。
観光協会事務局長レポートブログ

サンショウウオ

2012.07.29 (Sun)
6月から我が家で飼っているエゾサンショウウオ。
だいぶ成長してきました。
hitokoma2012-729-1.jpg
餌のオタマジャクシ(エゾアカガエル)を食べまくっています。
与えただけすぐに食べ尽くしてしまうので、最近は少しずつ与えるようにしています。

エラが心なしか小さくなってきたような・・・上陸も近い?
hitokoma2012-729-2.jpg
正面顔はウーパールーパー

小春日和

2012.05.22 (Tue)
今日はポカポカと暖かい1日でした。
hitokoma2012-522-1.jpg
沢沿いには春の花の代名詞、ミズバショウとエゾノリュウキンカが咲いています。

しかし、河口には
hitokoma2012-522-2.jpg
冬の代名詞、オオハクチョウがまだ居ました。
たぶん渡りの途中に立ち寄ったと思うのですが、この時期にまだ居るなんて。
早く北へ帰んなさい。羅臼の人が皆エサをくれると思ったら大間違いだよ~
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。