スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カムイヌプリ

2014.11.03 (Mon)
今シーズンの仕事収めは常連様と共にカムイヌプリ(摩周岳)へ。
本来は羅臼岳の予定でしたが、大雨と強風で転進しました。
前日からの雨も止んで晴れた摩周でしたが、僅か860mの低山でも吹き飛ばされそうな強風でした。

hitokoma2014-1103-2.jpg
摩周湖は強風で湖面に白波が立つ。

hitokoma2014-1103-3.jpg
山頂からの摩周湖と斜里岳

hitokoma2014-1103-4.jpg
しがみついていないと、飛ばされます。

往復14kmの登山道は風を避ける場所もなく、冷たい風を受けながら歩き通しでしたが、青い摩周湖はカムイヌプリ(神の山)の名に相応しい美しさでした。

おまけ
hitokoma2014-1103-5.jpg
雨の日はコタン、和琴、川湯、中標津と温泉三昧。

スポンサーサイト

紅葉の富良野岳

2014.09.28 (Sun)
毎年恒例のご家族とともに、紅葉真っ盛りの十勝連峰・富良野岳へ。
hitokoma2014-928-1.jpg

hitokoma2014-928-2.jpg

hitokoma2014-928-3.jpg
稜線の風が強く寒かったけど、天気にも恵まれ、最高の紅葉登山を楽しめました。

今回は白金温泉に宿泊して、周辺の観光と温泉巡りも。
久々に富良野・美瑛付近を回りましたが、どこに行っても大勢の人で賑わっていましたね。
hitokoma2014-928-4.jpg
青い池

hitokoma2014-928-5.jpg
白ひげの滝とブルーリバー

hitokoma2014-928-6.jpg
美瑛の丘

hitokoma2014-928-7.jpg
浮島湿原

おまけ
昔、旅で知り合った旧友が富良野で営んでいる宿です。
今回は15年ぶりの再会でした。
hitokoma2014-928-8.jpg
そらいろのたね
アットホームでリピーターさんも大変多い人気の宿です。

紅葉の縦走路

2014.09.22 (Mon)
今シーズン最後の連山縦走ガイド、9/21~22の1泊2日で行ってきました。

初日はガスの中登って、羅臼岳山頂で晴れるという願ってもない演出
hitokoma2014-922-1.jpg
連山の雲がみるみる晴れていくシーンはドラマティックでした。

縦走路はチングルマやクロマメノキなどの紅葉がピークを迎えています。
hitokoma2014-922-2.jpg

hitokoma2014-922-4.jpg

2日目も朝からガスで真っ白でしたが、硫黄山手前で晴れるという幸運
hitokoma2014-922-5.jpg
中の廊下

hitokoma2014-922-6.jpg
山頂にて

今回は9/19からの予定を天気待ちで2日間入山を遅らせました。
縦走に4日間日程を取って頂いたおかげですが、待った甲斐がありました。

2日間まったく疲れも見せずに歩き通したタフなお2人は親子。
初日は息子さんの誕生日。テント場で出てきたものはビール、日本酒、ワイン、そしてなんと「響」まで。
寒いがせっかくだからと、外で祝杯を挙げつい飲み過ぎに・・・


暁の沼

2014.09.15 (Mon)
この3連休は常連様と知床岳を目指しました。

初日は北風が強く、稜線は轟々と唸りをあげるほどで、知床沼まで行くのをやめて途中で幕営しました。
hitokoma2014-915-1.jpg
初日のテント場、通称「青沼」。

2日目も朝から雨、稜線もガスで覆われている。
知床岳登頂を諦め、ゆっくり出て知床沼へ。
hitokoma2014-915-2.jpg
崩壊地の登り

hitokoma2014-915-3.jpg
年々足場が崩れて狭くなっている

hitokoma2014-915-4.jpg
ポロモイ台地のヤブ漕ぎ。
ハイマツとササが刈り分け道を覆って非常に歩きづらく、ルートを失う危険性あり。
特に台地入口は、踏み跡がササに覆われ非常に分かりづらく、初めての人はここで迷う人が多い。

雨と露で全身ずぶ濡れになりながら知床沼へ到着するも、ガスで真っ白。
翌日の晴天を期待して幕営する。

そして3日目の朝、苦労してここまで来た甲斐がありました!
hitokoma2014-915-5.jpg
暁に染まる1132峰と知床沼。

hitokoma2014-915-6.jpg
陽を浴びて移り変わる山の色が劇的でした。

常連様もこの景色で、知床岳に登れなかったことが吹っ飛んでしまったよう。
毎年ここに来ている僕もここまで美しかったこのは初めて。あきらめないで登ってきて本当に良かった。

知床沼、知床岳を目指す方へ
登山道はありません。ルートのほとんどは獣道です。
地図、コンパス、GPSを携帯しましょう。
ここ数年は踏み跡や刈り分け道がヤブに覆われ非常に分かりづらく、所要時間も昔に比べて多くかかるようになっていますので、日程には余裕をもって臨みましょう。
最近は道迷いで到達できない事例も多く聞きますので、安易な入山は控えるべきでしょう。

知床沼で野営する場合は、必ずロープの内側にテントを張り、周辺の植生保護に努めてください。
hitokoma2014-915-7.jpg
テントスペースは3張程度しかありません。大人数での野営は控えましょう。

知床岳方面を目指す方へ


羅臼・硫黄・斜里

2014.09.07 (Sun)
知床の山はすっかり秋めいてきました。
涼しくて快適な登山日和が続いています。

9/2 羅臼岳
hitokoma2014-97-1.jpg
75歳のご高齢、雲海の山頂へ。

9/6 硫黄山
9/7 斜里岳
hitokoma2014-97-2.jpg
昨年羅臼岳登頂のリピーター様。今年は硫黄山と斜里岳に登頂です。
ちょうど一等三角点を巡る方々と一緒になり、三角点標識付で。

hitokoma2014-97-3.jpg
斜里岳は沢の水量が例年より多めで、なかなか楽しめました。

おまけ
hitokoma2014-97-4.jpg
硫黄山山頂直下の大岩。
最近ここで右のウブシノッタ沢に迷い込む遭難が相次いでいます。
(ルートは左に曲がって硫黄沢を下るのが正解)
晴れていればなんてことのない場所も、ガスで真っ白になると杭や標識を見落としがちなので注意しましょう。

back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。