スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知床岬への序章

2014.05.28 (Wed)
サクラ咲く春の海岸線を、化石浜まで日帰りトレッキング。
hitokoma2014-528-1.jpg
長いゴロタ浜の歩きや

hitokoma2014-528-2.jpg
ちょっとしたロッククライミングや

hitokoma2014-528-3.jpg
入り江のへつりや

hitokoma2014-528-4.jpg
水没直前の岩跳びなど変化に富んだルートを越えて

hitokoma2014-528-5.jpg
青い碧い化石浜へ到着

今日のお客様は知床岬への徒歩での到達を目標としており、ルートの下見やロープワークの練習を兼ねて日帰りトレッキングでした。
いつの時代も、知床岬へのトレッキングにロマンを求める方は少数ですが、必ずいます。
日本に残された貴重な「人力でしか行けない岬」は末永くあってほしいものです。




スポンサーサイト

0歳児と野生動物

2014.03.01 (Sat)
弟家族が初の来羅です。
厳冬期の知床へ、なんと0歳児を連れてきました。

小船をチャーターしての流氷、ワシ観光。
hitokoma2014-31-1.jpg
子供は船上でずっと寝てました。

キタキツネにも
hitokoma2014-31-3.jpg
無反応。

エゾシカに寄っても
hitokoma2014-31-2.jpg
まったく関心なし。

ちなみに私にはよく懐いてくれました。
少なくとも野生動物より関心を持ってくれてホッとしております。

滞在している間は暖かく天気にも恵まれて何よりでした。
初めての流氷や野生動物に感動しまくりの弟夫婦を尻目に、マイペースな甥っ子の子守は楽しい時間でした。

おまけ
hitokoma2014-31-4.jpg
エゾシカだらけの野付半島



海に山に

2014.01.27 (Mon)
海では
hitokoma2014-127-1.jpg
トド、アザラシ

里では
hitokoma2014-127-2.jpg
エゾシカ、キタキツネ、オオワシ、オジロワシ

山では
hitokoma2014-127-3.jpg
スノーシューで新雪を踏みしめ

hitokoma2014-127-4.jpg
はるばるタイからのお客様に、初めての雪山トレッキングを体験していただきました。

知床らうす冬の1日ガイドプログラム

今時期の羅臼

2013.12.24 (Tue)
12/22はリピーター様をお迎えしての1日ガイド。
今時期の羅臼を満喫していただきました。

まずはトド観察
hitokoma2013-1224-1.jpg
10~15頭の群れを確認。
トドはこれから2月上旬までが見頃です。

同じ場所で振り返ると
hitokoma2013-1224-2.jpg
オオワシ
まだ数は少ないですが、オジロワシ共々冬の羅臼では当たり前に見られます。
二月には数百羽のワシたちが羅臼に訪れます。

その後は河川でサケの遡上見学
シロザケの遡上は秋で終わりではなく、年明けまで見ることができます。
hitokoma2013-1224-3.jpg
ホッチャレ(産卵して力尽きたもの)
この川では数尾ですが、まだ遡上しているシロザケが観察できました。

そして相泊からは海岸スノーシューハイキング
hitokoma2013-1224-4.jpg
風が強く波は荒かったが、天気に恵まれました。
雪も締まって歩きやすかったです。

眺めの良い場所でデイキャンプ
hitokoma2013-1224-5.jpg
暖かい食事で一息ついてから戻りました。

荒波の音が凄まじいこの場所も流氷が接岸すると
hitokoma2013-1224-6.jpg
物音一つしない静寂の海に変わります(写真は昨年2月)

今時期の羅臼は観光シーズンではありませんが、天気良ければ楽しいですよ。
年末年始も休まずご依頼受け付けております!
知床羅臼冬の1日プログラム
知床のスノーシュートレッキング

エゾモメンヅル

2013.07.25 (Thu)
今日は特別メニューの1DAYツアー。
お花大好きなお姉さま方と13時間かけて羅臼の山と海岸を歩きまくってきました。

日の出と共に羅臼湖へ。
あいにくのガスでしたが、朝露に濡れ活き活きとした高山植物を堪能。
hitokoma2013-725-1.jpg
早朝の羅臼湖はもちろん貸切状態

hitokoma2013-725-4.jpg
クロウスゴ

海岸線トレッキングではDAYキャンプ
hitokoma2013-725-2.jpg

海岸線も今花盛りです。
オドリコソウ、エゾノカワラマツバ、ナミキソウ、モイワシャジン、クサフジ、ハマエンドウ、エゾノキリンソウなどたくさん咲いていました。

そして今日のお目当て
hitokoma2013-725-3.jpg
エゾモメンヅル

知床固有種といえばシレトコスミレが有名ですが、エゾモメンヅルも日本では知床でしか見ることができない貴重な花です。

今日は小雨交じり生憎の天気でしたが、たくさんのお花、ワイルドなキャンプ飯と温泉で何とかご満足いただけたでしょうか?

back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。