スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅葉の渓谷

2014.10.11 (Sat)
ここ一週間は地質調査のサポート業務で沢歩きの毎日でした。
今回は登山川、センザキの沢、翔雲川、松法川、ハシコイ川、幌別川に入って断層の有無や地質、火山灰の調査を行いました。

地質学者はこのような調査を、特に火山のある地域では、昔から地道に行っています。今回の御嶽山の噴火についていろいろ教えていただきましたが、実際は火山活動の予測は大変難しく、どの時点で入山規制させるかは経済的、政治的な問題であるとのことです。

ちなみに知床では、羅臼岳、硫黄山、天頂山が活火山に指定されています。

hitokoma2014-1011-7.jpg

hitokoma2014-1011-8.jpg

hitokoma2014-1011-9.jpg

hitokoma2014-1011-1.jpg

hitokoma2014-1011-2.jpg

hitokoma2014-1011-3.jpg

hitokoma2014-1011-4.jpg

hitokoma2014-1011-5.jpg

そろそろ沢に入るのも辛い季節になってきましたが、j紅葉の渓谷を歩き、突然現れる大滝、変化する渓相は歩いていても飽きることはありません。


おまけ
hitokoma2014-1011-6.jpg
巨大なメノウの原石


スポンサーサイト
Category: 沢登り | Comment(0)

紅葉の沢へ

2013.10.24 (Thu)
最近は地質調査サポート業務で沢歩きの日々でした。

hitokoma2013-1024-1.jpg
温泉の湧く、通称「センザキの沢」
熱くて触れないほどの熱湯が豊富に流れています。

hitokoma2013-1024-2.jpg
紅葉は麓まで降りてきました。
今年の紅葉はイマイチと言われていますが、麓のミズナラやカエデは比較的きれいに色づいています。

hitokoma2013-1024-3.jpg
沢の源頭から笹藪を漕いでたどり着いた小さな沼

hitokoma2013-1024-4.jpg
まるで堰のようなナメ床。
今回の沢はナメが多く、遡行は快適でした。

hitokoma2013-1024-5.jpg
突然現れた大滝を懸垂下降

今回は羅臼側の小さな沢から沢へ、ある溶岩を求めて調査していきました。
源頭まで詰めたら猛烈なササのブッシュを漕いでコルを乗っこし、別の沢へ降ります。
調査を始めて3日目、ある沢の支流で探してた溶岩をやっと見つけることができました。

これだけ歩き回っても、一回の調査で把握できるのはホントに狭い範囲。
何年もかけてコツコツ積み重ねていくしかありません。
最終目標である、知床半島の地質図(1/50000)完成まではまだ遠い道のりです。

おまけ
hitokoma2013-1024-6.jpg
沼ではなく、砂防ダム。
たくさんのカモが羽を休めていました。

Category: 沢登り | Comment(2)

滝・滝・滝

2013.10.11 (Fri)
今回の地質調査はほとんど人が行かない沢を歩き、良い滝とも出逢えました。

10/9 ポンプタ川
hitokoma2013-1011-1.jpg
地形図には水線が表記されているが、水がほとんど伏流して涸れ沢になっている。
巨岩帯ではだいぶ扱かれた。

hitokoma2013-1011-2.jpg
地形図には滝マークが数箇所あったが、ほとんど涸れ滝であった。
大滝の存在をひそかに期待していったのだが・・・残念。

10/10 イダシュベツ川支流
hitokoma2013-1011-3.jpg
紅葉が見事でした

hitokoma2013-1011-4.jpg
崖からの湧水が白糸のように流れ落ちる滝

10/11 翔雲川
滝やナメが次々に現れる
hitokoma2013-1011-5.jpg
ナメ滝

hitokoma2013-1011-6.jpg
ナメ床が続く

hitokoma2013-1011-7.jpg
滝の二股

おまけ
hitokoma2013-1011-8.jpg
羅臼岳を映し出す秘沼

Category: 沢登り | Comment(0)

沢登りとシーカヤック

2013.08.16 (Fri)
過去4年間、羅臼湖羅臼岳知床沼知床連山縦走と着実にグレードアップしてきたS君は中学生になって知床に帰ってきました。
今年は沢登りに挑戦です。

8/15 イワウベツ川遡行
hitokoma2013-816-1.jpg
水しぶきが心地よい気温でした。

hitokoma2013-816-2.jpg

hitokoma2013-816-3.jpg
次々と現れる滝を軽々クリアしていきます

hitokoma2013-816-4.jpg
登攀終了。ここは硫黄泉が滝になっています。
初めての沢登りもへっちゃらでもの足りないようです。

翌日はシーカヤック
hitokoma2013-816-5.jpg
30℃を越える暑さがちょうど良く感じます

hitokoma2013-816-6.jpg
川もないこの湾にはカラフトマスが群れていました

年々プログラムが激しくなってますが、さて、来年はどうしよう。
逢うたびにたくましく成長する彼をどこまで見届けることができるか楽しみです。

Category: 沢登り | Comment(4)

新緑の沢歩き

2013.06.06 (Thu)
まだ雪の残る稜線を越えて、新緑の映える沢を歩いてきました。
hitokoma2013-66-1.jpg

hitokoma2013-66-2.jpg

hitokoma2013-66-3.jpg

hitokoma2013-66-4.jpg

hitokoma2013-66-5.jpg

自分の写真では新緑の美しさをうまく伝えられませんが、同行したカメラマンがきっと良い写真を撮ってくれているはず!
シーズン初の沢歩きは11時間行動、水が冷たくて足が麻痺状態です。

おまけ
hitokoma2013-66-6.jpg
ユキワリコザクラ


Category: 沢登り | Comment(0)
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。