スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羅臼流氷速報

2008.01.31 (Thu)
流氷を探して相泊からスキーで歩き始めると、崩浜に残氷がありました。
hitokoma131-1.jpg
本体は西風で国後方面に流された模様です。
hitokoma131-2.jpg
奥に見えるのが観音岩

hitokoma131-3.jpg
流氷の彫刻

羅臼前浜に到達するのはもう少しかかるようです。
スポンサーサイト
Category: 流氷

羅臼にも流氷

2008.01.29 (Tue)
流氷が知床岬を回って根室海峡にやってきました。
といってもはるか国後沖に寄っているため、山に登らないと見えません。
今日はもしかしたらと思い、番屋の裏にある北浜岳~トッカリムイ岳をスキー縦走してきました。
hitokoma129-1.jpg
トッカリムイ山頂から見た縦走路

そして国後に張り付くように見える流氷
hitokoma129-2.jpg

山頂からはオホーツク海も見渡せます。
hitokoma129-3.jpg
ルサのっこしの向こうに見えるルシャ沖の流氷

hitokoma129-4.jpg
硫黄山東岳

北浜岳は僕が勝手に名付けているH484の山。トッカリムイ岳は地図にも載っているH560の山でトッカリ(アザラシ)のいる湾(ムイ)の意。
このコースは、低標高で本格的なヤセ尾根の縦走が楽しめますが、雪庇に気をつけなければいけません。五時間の山旅でした。
Category: 知床冬山

山スキーお散歩会

2008.01.27 (Sun)
山スキーお散歩会の二回目に参加しました。メンバーはリーダー佐々木さん含め6名+犬一匹。
コースはモセカルベツ川右岸尾根。これを稜線まで詰めると連山縦走路知円別分岐に出ます。冬の硫黄山へ登るには最短コースです。といっても最低一泊二日はかかりますが。。
今回は偵察行でH800まで試登してきました。
hitokoma127-3.jpg
取り付きは天狗岩トンネルをスキーを担いでのぼります。そのまま台地に上がり、尾根をどんどん登ります。
途中から吹雪いてとても寒かったです。
hitokoma127-1.jpg

hitokoma127-4.jpg
環境省レンジャー若松さんにおねだりするヒロ。

雪はパウダーで滑降を楽しめました。登り4時間、下り2時間の山旅でした。
Category: 知床冬山

穏やかな一日

2008.01.23 (Wed)
今日も晴天。明日から大荒れになるなんて信じられないくらい穏やかです。
今日もトドの群れを発見しました。流氷が来るといったん沿岸からいなくなり、3月末にまた寄ってきます。
hitokoma123-1.jpg

これはオンコ(イチイ)の木です。
hitokoma123-2.jpg
羅臼にはオンコ公園という場所があり、樹齢数百年のオンコが保存されています。昔は鉛筆材としてたくさん伐採されて今では大変貴重な樹木です。あまり知られていない穴場ですが、五分も歩けば着きます。
Category: 野生動物

羅臼岳

2008.01.22 (Tue)
天気が良かったので羅臼岳に登ってみる。
今回は夏ルートではなく、最短の尾根コースをとってみた。
取り付きは熊越えの滝付近。沢を渡渉して急な尾根に取り付く。そのままどんどん尾根を登るとやっと視界がひらけてきた。
hitokoma122-1.jpg
景色も良くなり、羅臼の町が見える。手前は英嶺山。
hitokoma122-2.jpg
そのままスキーで登り、H800で森林限界、ハイマツが現れる。H900で台地に出ると、目の前には羅臼岳が
hitokoma122-4.jpg
山頂まで行きたかったがスタートが遅く、時間的に無理なので今日はここまで。
知西別岳(中央)と天頂山(右)の眺めが良い。
hitokoma122-3.jpg
下りは一気に滑って二時半下山。五時間半の山旅でした。
Category: 知床冬山
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。