スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりのお散歩会

2009.02.28 (Sat)
今冬は週末に天気が崩れることが多く、お散歩会は最近中止が続いていましたが、今日は久々に実施できました。参加者は8名+一匹。
コースはケンネベツ川左岸尾根。東岳へのルートとして使われています。
岬町岩見橋から入山し、尾根に取り付いて高度を稼ぎます。途中にはけっこうな急斜面もあり。
hitokoma2009-228-1.jpg
沖にはうっすらと流氷も見えました。

hitokoma2009-228-2.jpg
ラブラドールのサンディが初参加。

H770まで登ったところで、雪はカリカリ、北西の風も強く、下山開始。
hitokoma2009-228-3.jpg
奥に見えるのは北浜岳とトッカリムイ岳。

hitokoma2009-228-4.jpg
ご主人の後を懸命に追いかけるサンディ。

雪は少し重かったものの、豪快なダウンヒルを楽しめました。

今日のコースタイム 山スキー5名、テレマークスキー3名
10::00岩見橋~ケンネベツ左岸尾根~13:00H770~14:30岩見橋

春先にはこのルートで東岳を目指したいと思います。
スポンサーサイト

流氷シャチ事件

2009.02.26 (Thu)
現在、羅臼ビジターセンターにてシャチの骨格標本が展示してあります。
hitokoma2009-226-1.jpg
2/19の吊り下げ作業風景
このシャチは四年前に相泊で流氷にはさまれて死んだ群れ11頭のリーダー(オス)のものです。


hitokoma2009-226-2.jpg
事件当日、まだ生きていたシャチ。
このニュースは読売新聞全国版の一面に掲載されました。
僕も発見当日から搬送、解体作業の現場にいましたが、それはもう大変な騒ぎ。
ほとんど人気のない冬の相泊に全国からマスコミが殺到しました。

当時のレポート

変わり果てた姿のシャチを見て、当時を思い出しています。

閉じ込められても山で遊ぶ

2009.02.24 (Tue)
猛吹雪からはや4日、道路は未だ通行止です。道路管理者は雪崩を心配して開けてくれません。。。
出られないなら、こちら側で遊ぶしかない。ということで、相泊方面の山に登ってきました。
目標は双子山(通称)H862。知床岳のとなりにある山で、峰が二つあるので勝手にこう呼んでいます。
相泊から海岸線を歩き、カモユンベから入山。尾根を歩いて稜線に出る。
hitokoma2009-224-1.jpg
双子山。
ここからだと峰は一つにしか見えませんが、場所によっては二つに見えます。

hitokoma2009-224-2.jpg
H680コルからの硫黄山と東岳。
ここまでスキーでしたが、デポしてアイゼン装着。

hitokoma2009-224-3.jpg
山頂にて。バックは知床岳。
予報は晴れでしたが、南西の風が強く高曇り。

hitokoma2009-224-4.jpg
稜線から相泊沼が見えます。
帰りはここに向かって滑降開始。

hitokoma2009-224-5.jpg
相泊沼。
秘沼と呼ぶにふさわしい佇まいでお気に入りの場所です。

hitokoma2009-224-6.jpg
流氷は相泊付近まで戻ってきました。

久々の山スキーはやっぱり楽しい。
三月の知床岬縦走に向けて、これからガンガン行きたいと思います。

コースタイム 足回り 山スキー、アイゼン
6:30相泊~6:50カモユンベ~11:00双子山11:15~12:00相泊沼12:30~14:00熊の穴

閉じ込められました

2009.02.21 (Sat)
hitokoma2009-221-1.jpg
今年一番の猛吹雪です。
番屋前の道路は昨夜21時から通行止。今年に入って初めて閉じ込められました。
湿った重い雪です。停電にならないことを祈るばかり。。。

スキー場で遊ぶ

2009.02.20 (Fri)
2/19~21まで、札幌国際大学の学生20名が羅臼に研修旅行にきています。
今日はフィールド体験プログラムということで、昨年閉鎖されたスキー場で雪遊びしてきました。
hitokoma2009-220-1.jpg
スキー場からの展望。
ここまで急斜面を頑張って登ってきました。
心配された天候も何とかもち、国後や流氷を望むことができました。

hitokoma2009-220-2.jpg
昼寝

hitokoma2009-220-3.jpg
下りはソリで滑る。なぜか等間隔な人たち。

ほとんどの学生はスノーシューも初めて。雪遊びの楽しさに目覚めたそうです。
ハードスケジュールでお疲れの中、元気に尻すべりを楽しんでいました。

残念ながら昨年で閉鎖されてしまった羅臼スキー場ですが、バックカントリーや子供たちのスキー、スノーシューのフィールドとして遊ぶには最適です。

自然を楽しむには、「自力で登って滑ること」
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。