スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勾玉の沼

2009.10.29 (Thu)
ここ数日は薪割りばかりしていたので、今日は気分転換に単独山行。
勾玉の沼(通称)へ行ってきました。

勾玉の沼は春刈古丹川の支流「春花川」の上流標高450mにあります。
沼の形が勾玉のようなので、勝手に呼んでいます。

hitokoma2009-1029.jpg
勾玉の沼と遠音別岳

この付近は遠音別岳の山体崩壊による池塘群になっており、このような沼が点在しています。
沼から少し行くと、日本で五箇所しかない原生自然環境保全地域があり、人手が入っていない原生の状態が残された数少ない場所です。

来年の夏は稜線まで行って、是非シレトコスミレを見たいものです。

コースタイム
8:00春刈古丹川林道H130~9:00春花川二股~10:30勾玉の沼11:00~13:30H130
*このルートは沢登りです
スポンサーサイト

冬支度開始

2009.10.26 (Mon)
冬に向けて、例年どおり薪割りを始めました。
hitokoma2009-1026-1.jpg

作業していると、番屋の前をヘリが飛んで行きました。
話は聞いていたので、ルサフィールドハウスに行ってみると、
hitokoma2009-1026-2.jpg
知床岬で回収した漂着ゴミの搬出です。
ヘリで一旦ルサの降ろし、トラックで回収するそうです。

知床岬は漂着ゴミがたくさんあるので、きれいにしたほうが良いのは間違いありません。
でも海が時化たら、再びゴミは漂着するのでキリがないと思います。
これは環境省の事業ですが、巨額の税金を使ってどれだけ効果があるのでしょう?

稜線上の秘沼

2009.10.23 (Fri)
ガイド業務も一段落し、今日は久々のプライベート山行。
以前から気になっていた大沼(通称)に行ってきました。

大沼は知西別岳~天頂山の稜線上にあり、深いハイマツに覆われほとんど行く人もいない秘沼です。

羅臼湖までは登山道を歩き、主稜線への沢を詰める
hitokoma2009-1023-1.jpg

沢の源頭からは強烈なハイマツ漕ぎ
hitokoma2009-1023-2.jpg
稜線から羅臼湖を望む

hitokoma2009-1023-3.jpg
稜線を乗っ越すと大沼が見えてきた

hitokoma2009-1023-4.jpg
大沼と羅臼岳

あいにく山頂部分が雲に隠れてしまっていますが、晴れて無風ならば湖面に羅臼岳が映ると思います。
そばの湿原には実を付けたツガザクラの群落。
花期にはきっとすばらしいお花畑が広がっていることでしょう。

人を寄せ付けない奥深い雰囲気、久々に深山を堪能してきました。

*このルートは沢登り装備は必須、強烈なブッシュ漕ぎが待っていますので一般向けではありません。

地質調査その2

2009.10.22 (Thu)
前回に引き続き、沢ネタです。

10/19 キキリベツ川
hitokoma2009-1022-1.jpg
倒木による天然の砂防ダム

10/20 オショロコツ川
hitokoma2009-1022-2.jpg
源頭付近まで遡行しました

10/21 ルサ川~コンブハマ川
hitokoma2009-1022-5.jpg
恐竜の卵を発見(ウソ)

hitokoma2009-1022-4.jpg
コンブハマ川の大滝

hitokoma2009-1022-3.jpg
懸垂下降

コンブハマ川はルサ川の支流です。
地形的にたいしたことないだろうと思っていましたが、上流には滝が連続してなかなか楽しい沢でした。
これで六日間にわたる地質調査も終了です。

九月と合わせて計9本の沢を遡行しましたが、幸いなことに一度もヒグマと遭遇しませんでした。
しかし、足跡、糞、強烈な獣臭など気配を感じることは多く、きっとそばに潜んで我々を見守ってくれていたのでしょう。
Category: 沢登り | Comment(0)

地質調査

2009.10.17 (Sat)
最近は九月に引き続き、地質調査のアルバイトで羅臼の沢に入っています。

hitokoma2009-1017-1.jpg
モセカルベツ川H370の大滝

hitokoma2009-1017-2.jpg
ケンネベツ川

hitokoma2009-1017-3.jpg
ショウジ川H200の滝

hitokoma2009-1017-4.jpg
ショウジ川の断層

同行している地質学者さんによると、この断層は知床半島の成り立ちを説明する上で、かなり貴重な証拠になるとのこと。
僕はまったくの地質ど素人なので、話半分しか理解できません。。。

「じゃあ、お前は何のためにいるんだ」と言われそうですが、

・ルートファインディング(できるだけ歩きやすいルートを取る。たまに間違えますけど。。。)
・熊避け(もしヒグマが出たら襲われる係)
・サンプルの石を持ち帰る(要は歩荷)

などの重要な(?)仕事をしています。。。。


Category: 沢登り | Comment(2)
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。