スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厳冬期、知床岳!・・・でも・・・

2011.01.31 (Mon)
素晴らしい天気に誘われ、単独で知床岳へ!
hitokoma2011-131-6.jpg

結論から言うと、頂上踏んでません。
今日、僕は致命的な二つのミスを犯しました。

一つは朝寝坊。ほんと致命的、スタートは7:45でした。
知床岳日帰りするのにこの時間はなめてますよね。。。

そして、もう一つはシーデポ(スキーを残置すること)。
稜線直下でスキーが使えない急斜面があり、
「稜線出ればカリカリでアイゼンで大丈夫だろう」
という希望的観測でスキー置いてきてしまいました。
これが大失敗!
稜線にはフカフカの新雪が50cm。地獄のラッセルでした。
頂上は見えているのに、なかなか進まない!
折り返し時間を14:00と決めていたので、ギリギリまで頑張ったけどあとわずか500m(標高だと50m)で無常にもタイムアップ。
厳冬期に知床岳がドピーカンなんてめったにないチャンスだったのに。。。

hitokoma2011-131-5.jpg
東岳と硫黄山

でも稜線からの景色は最高でした。両側の海に流氷びっしり!
hitokoma2011-131-3.jpg
根室海峡と国後島

hitokoma2011-131-4.jpg
オホーツク海

今日のルート
hitokoma2011-131-1.jpg
カモイウンベ川とクズレハマ川の間の尾根を初めて使ってみました。
いつものルート(カモイウンベ二股の尾根)だとこの時期雪崩の危険があるからです。
hitokoma2011-131-2.jpg
今年はまだ起きていないようですが、この沢はものすごい爆風を伴った雪崩が数年毎に起きています。

行動記録
7:45相泊~8:15カモイウンベ~11:30H820シーデポ~14:00H1200~15:00シーデポ~16:45相泊
下山は日没後の16:45。あのまま頂上往復してたら真っ暗になっていた。
スポンサーサイト

羅臼の流氷

2011.01.30 (Sun)
青空の中、流氷が羅臼前浜に接岸しました。
hitokoma2011-130.jpg
国後展望台より
Category: 流氷 | Comment(6)

英嶺山登り返し!

2011.01.29 (Sat)
山スキーお散歩会の三回目は羅臼の里山、英嶺山
hitokoma2011-129-2.jpg
山頂にて。参加は9名+1匹でした。最近大所帯が続いています。

山頂は残念ながら展望なかったですが、途中まではいい天気で、流氷も見えました。
hitokoma2011-129-1.jpg
沖の流氷帯はだいぶ近づいてきましたね。

今日は、ただの山頂往復では芸が無いと思い、僕の提案で違うルートを滑降しました。
hitokoma2011-129-3.jpg

が!見事に沢に捕まってH400まで登り返し。
ホントお疲れ様でした。

皆さん、文句どころか
「往復3時間程度ではもの足りないから全然OK!」
「最低5~6時間は汗かかないとね!」
「早く帰っても晩酌まで間が持たないからちょうどいい」
「山の中を彷徨うのって面白いよね」
「これで、今晩のビールがよけい旨くなる」
など、とてもプラス思考な方々ばかりで助かりました。
ある意味お散歩会らしいといえばそれまでなのですが。

まあ、2回滑れたってことで勘弁してください。

行動記録
羅臼中学校10:00~12:15山頂12:30~13:00H100波切不動の沢13:20~H400地点14:20~15:00下山

前浜にも流氷

2011.01.25 (Tue)
1/25 13:00、番屋前浜にも流氷接岸しました。
hitokoma2011-125.jpg
番屋2階から

Category: 流氷 | Comment(2)

流氷接岸!

2011.01.24 (Mon)
1/24、16:00現在、相泊~北浜にかけて、流氷接岸。
hitokoma2011-124.jpg
まだパラパラ氷ですが、羅臼でも例年より早めの流氷到来です。


Category: 流氷 | Comment(2)
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。