スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憧れのシレトコスミレに出会う

2011.07.29 (Fri)
7/27~29にかけて、二泊三日で連山縦走ガイド。
今回は硫黄山から羅臼岳への逆縦走です。

お客様は、一昨年に硫黄山まで往復縦走を達成していますが、その時出逢えなかったシレトコスミレ。
hitokoma2011-729-1.jpg
かろうじて数株残っていました!

hitokoma2011-729-2.jpg
岩陰に隠れるようにひっそりと咲く憧れの花

hitokoma2011-729-3.jpg
第一火口を見下ろす

hitokoma2011-729-4.jpg
指定野営地はチングルマのお花畑。まさに天上の楽園

hitokoma2011-729-5.jpg

hitokoma2011-729-6.jpg

hitokoma2011-729-7.jpg

hitokoma2011-729-8.jpg

hitokoma2011-729-9.jpg
珍しいシロバナのコマクサにも出逢えました。

3日間ともずーっと晴れ。こんなに恵まれていていいんでしょうか。
と思ったら、最後に

とおせんぼ!
hitokoma2011-729-10.jpg
羅臼岳下山中650岩峰にて
*少し望遠で撮ってますので、実際の距離はもっと遠いです、念のため。
おかあさんは登山道でゴロゴロしていました。
「スミマセンが通していただけないでしょうか?」

・・・・・15分後に通していただきました。
スポンサーサイト

羅臼岳・羅臼側登山道情報

2011.07.24 (Sun)
今日は雨の中、羅臼岳の登山道整備に行ってきました。
羅臼側は8合目~9合目、屏風岩上部から岩清水下にかけて、まだ雪渓が200~300m残っています。
斜度も急なので、アイゼンは前爪のある10本以上が必要です。


雪渓ではこのようにガスがかかるとルートがわからなくなります。
hitokoma2011-724-1.jpg
20mおきにピンを打っていますので、このピンに沿って登ってください。

今日はピンの定期点検、倒れているものを打ち直してきました。
hitokoma2011-724-2.jpg

ウトロから登って羅臼側に下山しようと考えている方は、以下を注意してください。
・羅臼側はかなりハードで時間もかかります。標準タイムでも下山に5時間はみてください。
・アイゼンはまだしばらく必要です。今年は例年より雪解け遅れています。
・屏風岩の下で沢に入らないこと。ロープが張ってあるので見落とさないで下さい。
・羅臼平からのトラバースルートは一部雪渓が残るものの登山道が出ています。
ロープからはみ出して歩かないで下さい。貴重な高山植物群落が失われてしまいます。

羅臼側から登るコースは厳しいけど、変化に富んで面白いですよ~
八月上旬はお花畑が見頃になりそうです。
羅臼岳登山ガイド

羅臼岳登山は携帯トイレで

2011.07.21 (Thu)
今日の羅臼岳山頂も、一昨日と同じく雲海でした。
hitokoma2011-721-1.jpg
雲海の上には、知西別、遠音別、海別、斜里岳、遠くに雄阿寒岳、雌阿寒岳まで見えました。

新しい花が次々と開花しています。
hitokoma2011-721-2.jpg
チシマノキンバイソウ

hitokoma2011-721-3.jpg
イワギキョウ

hitokoma2011-721-4.jpg
イワヒゲ

岩尾別ルート7合目付近の銀冷水に仮設の携帯トイレブースが設置されました。
(期間7/15~8/18まで)

hitokoma2011-719-6.jpg

知床倶楽部ガイドでは、羅臼岳登山参加者の皆様に携帯トイレの使用をご協力いただいておりますが、まだまだ普及率は低いのが現状です。

本日下山時に、我々、知床山考舎さんのパーティー、知床財団のパーティーが銀冷水で偶然一緒になってしまいました。
そして携帯トイレブースには行列が(笑)

地元関係者は一生懸命普及に努めていますので、一般登山者の皆様にも是非ご協力お願いいたします。
木下小屋、知床自然センター、羅臼ビジターセンターで購入できます。

羅臼岳登山は携帯トイレを使いましょう!

雲海

2011.07.19 (Tue)
本当に久しぶりの眺めです。
hitokoma2011-719-1.jpg
今日はウトロ、羅臼ともに曇りで、雲海が両側に見られました。

そして、雨続きだったので
hitokoma2011-719-5.jpg
岩清水が復活!やっぱりこの水はウマイ!

高山植物も入れ替わるように次々開花しています。
今回はちょっと珍しいお花をご紹介
hitokoma2011-719-2.jpg
チシマクモマグサ
大雪、夕張、知床山系の固有種

hitokoma2011-719-3.jpg
タカネタチツボスミレ
オオバタチツボスミレの高山型といわれていたが、最近は別種扱いで知床山系のみで確認

hitokoma2011-719-8.jpg
メアカンフスマ
阿寒、知床山系の固有種

おまけ
今日は2回ヒグマとの遭遇がありました。

一回目は朝、登山口に向う車から
hitokoma2011-719-7.jpg
見た目かなり小さい、親離れしたばかりのヤツでしょう。
一心不乱に石をひっくり返していました。

二回目は下山途中、560m岩峰付近、
登山道脇10m以内の至近距離で、突然ガサガサっと。
止まって様子を見ると、向こうも息を潜めて動かない。
そのまま行こうとしたら、
ガオー!(ちょっと誇張。正確にはバウバウという息遣い)
最後まで茂みに隠れ姿は見せなかったが、強烈な存在感。
お客様曰く、「クマが居るとはわかっていたけど、リアル過ぎます・・・」

昆布漁始まる

2011.07.17 (Sun)
今日から天然の羅臼昆布漁が始まりました。
hitokoma2011-717.jpg
7/17 7:00番屋前浜にて

今年は近年になく不作と言われておりちょっと心配ですが、これから一ヶ月は我が家周辺は一番の賑わいを見せます。
晴れた日の海岸線に一面に干された昆布のじゅうたんは一見の価値ありです。

昆布漁期間中は、1日ガイドコースに昆布漁見学も組み入れることも可能です。
hitokoma2009-86-1.jpg
hitokoma2009-86-2.jpg
興味ある方はお問い合わせ下さい。
知床らうす夏の1日プログラム
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。