スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラサウヌプリ

2012.04.29 (Sun)
久々に山スキーお散歩会に参加。
目標のラサウヌプリは海別岳と遠音別岳の間にある1019三角点の山。
地形図に名前はなく標高も低いが、知る人ぞ知る知床の名峰です。

5年前にお散歩会で行ったときにえらい目に遭いましたが、懲りずにまた同じことを繰り返してしまいました。

ここ数日で山の雪は一気に解けて沢は大増水
hitokoma2012-429-1.jpg
陸嶺川を胴付を履いて渡渉中(注:沢登りではありません)

その後も枝沢の渡渉や笹藪こぎでスキー脱いだり背負ったり。
やっとH700コルに上がるも行く先はハイマツ出まくり。
hitokoma2012-429-2.jpg
普通ならやめるところですが、お散歩会はこれでも行くのです。
スキーデポ、アイゼンでハイマツを避けトラバース。

稜線に出てからは延々とハイマツ漕ぎ(注:スキーお散歩会です)
hitokoma2012-429-3.jpg
偽ピークに着くたびに、もうここでやめよう、と思いつつなんだかんだで山頂へ

苦労して辿り着いた瞬間の笑顔が素敵でした(注:おじさんばかりでしたが)
hitokoma2012-429-4.jpg
後続メンバーの一言「いつ引き返すかと思って見ていたら一向に・・・」
スミマセン、つい惰性で山頂来てしまいました。

左から遠音別岳、知西別岳、奥が羅臼岳
hitokoma2012-429-5.jpg
遠音別岳の雪形「見返り狐」。ちょっと太めですが、狐が振り返っているように見えるんです。

ラサウの牙(奥の尖った岩峰)
hitokoma2012-429-6.jpg

ここまでして登る価値があるかは人によりますが、
奥深くて厳しい、素晴らしい山です!ラサウヌプリ。

行動記録
6:30陸嶺川林道終点~7:30本流渡渉~10:00H700コル~12:00山頂13:00~16:30下山

追記:ここ一週間で雪解けが急速に進み、知床連山の稜線はハイマツ出てしまいました。
道路開通後の羅臼岳南西ルンゼも雪が切れているので厳しいですね(泣)
スポンサーサイト

ついでに

2012.04.28 (Sat)
今日はロープワークの練習で近場の山へ入る。
毎年同じ場所で行っているが、この斜面にはギョウジャニンニクが生えており、なぜかいつもマキリ(小刀)を持っているのでついでに少し拝借してくるのが通例になっている。
hitokoma2012-428-1.jpg
シカも歩かないような急斜面なので、生育状態も良い

hitokoma2012-428-2.jpg
エゾエンゴサクやナニワズなど、春の花も咲き始める。

雪解けの遅い今春ですが、少し春を味わってきました。
Category: 採取 | Comment(4)

相泊温泉とセセキの滝

2012.04.27 (Fri)
4/27相泊温泉オープンしました。
hitokoma2012-427-1.jpg
これから約5ヶ月の管理人業務が始まります。
温泉に関する情報は以下のブログで更新していますのでご覧下さい。
今日の相泊温泉


セセキの滝
hitokoma2012-427-2.jpg
雪どけ水と最近の雨続きで大増水中です

番屋裏の滝もけっこうな水量に
hitokoma2012-427-3.jpg
寒い日が続き、雪解けも遅れています。
もうGWになるのに、番屋周辺の雪がなくなりません。過去9年で最大ですね。

羅臼岳北ルンゼ

2012.04.21 (Sat)
4/20に岩尾別温泉への道路が開通したので、ウトロ側から羅臼岳を目指す。
当初は木下小屋から登山道沿いの尾根を行くつもりだったが、同行していただいたTさんの助言でヤブが濃い尾根を避けて沢をルートに取る。
hitokoma2012-421-1.jpg
最初は沢歩き。560岩峰へ続いている沢の支沢は雪で埋まっていて読みは当たる。
しかしヤブはないが、雪が硬くスキーが使えない。途中からツボ足でH600尾根に上がる。

hitokoma2012-421-2.jpg
極楽平から仙人坂、羅臼岳を望む

hitokoma2012-421-3.jpg
ガンガン高度を上げていく。知西別岳とまだ真っ白な羅臼湖が見えてきた

羅臼岳の北面はまだしっかり雪が付いている。
岩清水を通らず、このまま最短距離で山頂へ突き上げることに決定。
登れそうなルンゼをアイゼンで直登する。これを仮に羅臼岳北ルンゼと名付けた。

山スキースペシャリストのTさんはシートラで山頂から滑るつもりらしいが、ヘタクソな僕はもちろんシーデポ。

羅臼岳北ルンゼ。
hitokoma2012-421-4.jpg
上部はカチカチで最大斜度約45度。かなり緊張の登攀だった。こんなところ滑れるわけない。
スキー置いてきて正解。

hitokoma2012-421-5.jpg
硫黄山方面を望む

5時間で山頂へ。思ったより早く着いた。風がありけっこう寒いのですぐ下山にかかる
hitokoma2012-421-6.jpg
山頂までスキーを担ぎ上げたTさん

hitokoma2012-421-7.jpg
山頂からウトロ方面。沖にはまだ流氷が。

hitokoma2012-421-8.jpg
カリカリな北ルンゼを滑降するTさん。良い子は真似をしないで下さい。

hitokoma2012-421-9.jpg
シーデポから極楽平まではザラメの良い斜面が続き、最高に気持ち良かった!
2人とも歓声を上げながら滑るまくる。雪が多い春山の羅臼岳は最高でした。

行動記録
6:30木下小屋~8:30H600尾根~10:00H1300シーデポ~11:30山頂11:40~14:30木下小屋

羅臼岳ウトロ側登山道情報
4/21現在、まったく登山道は出ていませんので、ルートファインディングが求められます。
今日は強い日差しで気温も高かったのですが、1300m以上はカリカリでした。
アイゼン・ピッケルなど冬山の装備・服装が必要です。
雪解けは日々進み、ルート状況は変化していきます。
様々な状況に対応できる準備で入山しましょう。

サシルイ岳

2012.04.15 (Sun)
知床連山の真ん中にあるサシルイ岳は主に連山縦走で通過する山で、単体で登山することは少ない。
積雪期に羅臼側から登ったという話を聞いたことがないので、日帰りで挑戦してみました。

ルートはオッカバケ川右岸尾根(サシルイ川左岸尾根)。かなりのロングコースのため日の出と共に出発。
快晴無風、シャツ一枚で歩く。暑さでバテる。
hitokoma2012-415-1.jpg
左から羅臼岳、三ツ峰、サシルイ岳

森林限界で、目指すサシルイ岳が見えてきた。
hitokoma2012-415-2.jpg
ここからが長かった・・・

雪は日差しで緩んでいたので、これは山頂までスキーで行けるかも!と期待するもやはり山頂下は硬く1250でシーデポ。
アイゼンピッケルで山頂へ

7時間かかってようやく山頂へ。相変わらずシャツ一枚の暖かさ。
hitokoma2012-415-3.jpg
羅臼岳方面。今年は雪が多い!

hitokoma2012-415-4.jpg
硫黄山方面

hitokoma2012-415-5.jpg
ウトロ沖にはまだ流氷帯が!

下りのザラメは滑りやすかったが、かなり疲れていたので楽しむ余裕はなく慎重に行く。
途中の登り返しで疲労はピークに達し、食欲もなくなりました。日差しにやられたのかも?

16:30に無事下山、ヘトヘトです。
往復23km、累積標高差1600m以上の厳しい登山でした。
技術的に難しい箇所はないけど、最高の天気に恵まれた日でもこのキツさ。やはり一泊で行くルートでしょう。

行動記録
4:30オッカバケ川右岸取付き~10:20H1250シーデポ~11:30山頂12:00~16:30下山

おまけ
hitokoma2012-415-6.jpg
麓には縦横無尽に足跡が。冬眠明けは活発ですね~

back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。