スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オショロコマ棲む沼

2012.10.27 (Sat)
おそらく今シーズン最後の沢歩きで知床秘湖沼巡り。
hitokoma2012-1027-1.jpg
水温はそれほど冷たくなかった。もう少し行けるかな?

2時間ほどで目標の沼へ到着。
hitokoma2012-1027-2.jpg
美しいミズゴケ湿原が広がっていた。

hitokoma2012-1027-3.jpg
小さな沼だが、水が澄み切っている

hitokoma2012-1027-4.jpg
湖面に映る1275峰

沼にはオショロコマが生息していた
hitokoma2012-1027-5.jpg
知床の湖沼巡りをしていて、沼に魚が生息していることは、実は珍しい。
水深が浅いのにいるということは、冬の間は流れ込む川に潜んでいるのだろうか。
この沼にはかなりの水量で流れ込む川と流れ出る川がある。

今日はあまり期待していなかったので、キレイな沼に出逢えて儲かった気分でした。

スポンサーサイト

玄関に

2012.10.25 (Thu)
朝起きたら玄関に置いてありました。
hitokoma2012-1025-1.jpg
4㎏以上の立派なアキアジです。重た!

我が家では今年の初物、ありがたくいただきます!

最後の登山道整備

2012.10.19 (Fri)
羅臼岳羅臼側ルート、今シーズン最後の登山道整備に行ってきました。
hitokoma2012-1019-1.jpg
泊場までの登山道は紅葉が見頃になっています。

hitokoma2012-1019-3.jpg
ツタウルシの紅葉。

hitokoma2012-1019-2.jpg
七合目屏風岩に設置した迷い込み防止のロープを回収して、今シーズンのルート整備作業は終了です。
これから羅臼岳を登って羅臼に下山する場合は沢に下りすぎないように注意してください。

今日は天気が良くも北風が強く、山頂部はうっすら冠雪していました。

今年はあまり登山道整備に参加できませんでしたが、羅臼山岳会、環境省、林野庁のスタッフがこまめに整備したので例年よりだいぶ歩きやすくなっています。

おまけ
hitokoma2012-1019-4.jpg
今朝の朝焼け。
集合時間に遅れるので日の出まで待てませんでした・・・

ラサウの秘湖沼

2012.10.17 (Wed)
知床秘湖沼巡り。
今回は山中一泊で山奥にある三つの沼へ。

遡行した沢は両岸が抉り取られ倒木だらけでした。
hitokoma2012-1017-1.jpg
おそらく春先の大増水でこうなったのでしょう。沢の地形自体が変わっている箇所もありました。

長時間沢を遡行しヤブを漕いでようやく辿り着いた沼
hitokoma2012-1017-2.jpg
奥に見えるラサウヌプリ

hitokoma2012-1017-3.jpg
これは三本槍と呼ばれているそうです

笹ヤブを漕いでさらに奥の沼へ
hitokoma2012-1017-4.jpg
こじんまりとした小さな沼

翌日は支流を詰めてさらに別の沼へ
hitokoma2012-1017-5.jpg

hitokoma2012-1017-6.jpg
目の前に聳え立つラサウの牙

今年最大の目標であった三つの沼へやっと行けました。
長時間の遡行とヤブ漕ぎで体は悲鳴をあげていますが、かなり自己満足しています。

おまけ
hitokoma2012-1017-7.jpg
沢には恐竜の卵(ホントはノジュールというらしい)があちこち転がっていました。
化石があることが多いそうですが、探す余裕はありませんでした。
これで直径1mくらいです。

屈斜路湖へ

2012.10.11 (Thu)
プライベートで屈斜路湖周辺を散策してきました。

川湯のつつじが原トレッキング
hitokoma2012-1011-1.jpg
低標高にハイマツやイソツツジが群生する奇異な場所です。
花の時期はさぞかしきれいでしょうね。

hitokoma2012-1011-2.jpg
硫黄山(アトサヌプリ)と温泉たまご

屈斜路湖和琴半島トレッキング
hitokoma2012-1011-3.jpg
カツラの巨木

hitokoma2012-1011-4.jpg
オヤコツ地獄

川湯のエコミュージアムと公衆浴場も最高でした。
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。