スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬のプログラム受付中!

2013.10.30 (Wed)
2014年冬のガイドプログラム、リニューアルしましたのでお知らせいたします。

①知床羅らうす雪の半日トレッキング(NEW!)
昨年同様に期間限定で、羅臼~中標津~ウトロを結ぶエクスプレスバスが運行します。
その時間に合わせた半日プログラムです。ウトロ・斜里にお泊りの方も羅臼へ日帰りで参加可能です。
hitokoma2013-1030-1.jpg
熊越えの滝

知床らうすのスノーシュートレッキング・軽登山
ほとんど人に逢うことのない冬山の世界へご案内いたします。
冬の露天風呂など、コースは記載されている以外にもあります。
hitokoma2013-1030-2.jpg
ルサのっこし

知床らうす冬の1日プログラム
トレッキングや雪中キャンプ、動物観察など、1日かけて冬の羅臼をゆっくりご案内いたします。
一組限定の貸切ガイドなので、メニューや時間などご相談ください。
hitokoma2013-1030-3.jpg
流氷の浜でデイキャンプ

ご予約受付中です。
お気軽にお問い合わせください!
スポンサーサイト

黄金色

2013.10.27 (Sun)
今日は夏山シーズンのガイド納め。
本当はリピーター様と羅臼岳へ登る予定でしたが、台風で代替プランへ変更。

大雨の土曜日は、温泉巡りをしながら雨が止むのを待って知床五湖へ。
この時期の知床五湖は観光客も少ないのでオススメです。
hitokoma2013-1027-1.jpg
紅葉が思ったよりキレイで、地上遊歩道ではほとんど人に逢わずじまい。

日曜は強風が吹き荒れる中、知床を離れ西別岳へ
hitokoma2013-1027-2.jpg
カラマツの黄葉。
これだけでも来たかいがありました。

上から見ると
hitokoma2013-1027-3.jpg
黄金色の山麓が広がっています。

hitokoma2013-1027-4.jpg
体が煽られるくらいの強風でしたが、空気が澄んで摩周湖もキレイに見えました。

今シーズン最初の羅臼湖天頂山トレッキングに参加していただいたリピーター様には最後も締めていただきました。ありがとうございます。

何とか事故や怪我もなく2013年夏山シーズンを終えることができました。
参加していただいた皆様には感謝申し上げます。
来年以降も何卒よろしくお願いいたします。

紅葉の沢へ

2013.10.24 (Thu)
最近は地質調査サポート業務で沢歩きの日々でした。

hitokoma2013-1024-1.jpg
温泉の湧く、通称「センザキの沢」
熱くて触れないほどの熱湯が豊富に流れています。

hitokoma2013-1024-2.jpg
紅葉は麓まで降りてきました。
今年の紅葉はイマイチと言われていますが、麓のミズナラやカエデは比較的きれいに色づいています。

hitokoma2013-1024-3.jpg
沢の源頭から笹藪を漕いでたどり着いた小さな沼

hitokoma2013-1024-4.jpg
まるで堰のようなナメ床。
今回の沢はナメが多く、遡行は快適でした。

hitokoma2013-1024-5.jpg
突然現れた大滝を懸垂下降

今回は羅臼側の小さな沢から沢へ、ある溶岩を求めて調査していきました。
源頭まで詰めたら猛烈なササのブッシュを漕いでコルを乗っこし、別の沢へ降ります。
調査を始めて3日目、ある沢の支流で探してた溶岩をやっと見つけることができました。

これだけ歩き回っても、一回の調査で把握できるのはホントに狭い範囲。
何年もかけてコツコツ積み重ねていくしかありません。
最終目標である、知床半島の地質図(1/50000)完成まではまだ遠い道のりです。

おまけ
hitokoma2013-1024-6.jpg
沼ではなく、砂防ダム。
たくさんのカモが羽を休めていました。

Category: 沢登り | Comment(2)

滝・滝・滝

2013.10.11 (Fri)
今回の地質調査はほとんど人が行かない沢を歩き、良い滝とも出逢えました。

10/9 ポンプタ川
hitokoma2013-1011-1.jpg
地形図には水線が表記されているが、水がほとんど伏流して涸れ沢になっている。
巨岩帯ではだいぶ扱かれた。

hitokoma2013-1011-2.jpg
地形図には滝マークが数箇所あったが、ほとんど涸れ滝であった。
大滝の存在をひそかに期待していったのだが・・・残念。

10/10 イダシュベツ川支流
hitokoma2013-1011-3.jpg
紅葉が見事でした

hitokoma2013-1011-4.jpg
崖からの湧水が白糸のように流れ落ちる滝

10/11 翔雲川
滝やナメが次々に現れる
hitokoma2013-1011-5.jpg
ナメ滝

hitokoma2013-1011-6.jpg
ナメ床が続く

hitokoma2013-1011-7.jpg
滝の二股

おまけ
hitokoma2013-1011-8.jpg
羅臼岳を映し出す秘沼

Category: 沢登り | Comment(0)

地質調査byシーカヤック

2013.10.08 (Tue)
今回の地質調査は3日間シーカヤックで行いました。
ウトロ側断崖の海岸線やカムイワッカ方面河川の下流域は海からのアプローチが最適です。
海が荒れる難しい時期でしたが、幸い3日とも海況には恵まれました。

hitokoma2013-108-1.jpg

hitokoma2013-108-2.jpg
洞窟探検

波はそれほどでもなかったですが、うねりによる陸波が常時あるので上陸と出艇が難しい。
hitokoma2013-108-3.jpg
マムシの浜(通称)

hitokoma2013-108-4.jpg

hitokoma2013-108-5.jpg
イダシュベツ下流域

back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。