スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知円別岳

2014.03.30 (Sun)
この山は知床連山縦走路にありながら、通過されていくだけでピークを踏む人はほとんどいない。
僕もまだピークを踏んでいなかったので、今日は単独で登頂を目指しました。

朝から快晴だが、雪はカチカチに締まっていた。
麓からスキーアイゼンを装着して快調に登るも、稜線で出るとガスにまかれる。
hitokoma2014-330-1.jpg
コンパスを当てて進むも、ハイマツにさえぎられてルートファインディングが難しい。

晴れるのを信じて進むと
hitokoma2014-330-2.jpg
ガスが取れて知円別岳がお目見え

知円別分岐でスキーをデポしてアイゼンへ。
締まった雪にアイゼンは良く効いた。
hitokoma2014-330-3.jpg
縦走路は羅臼岳までクリアに見えた。

知床岬方面
hitokoma2014-330-4.jpg
ウブシノッタ沢の向こうには東岳と知床岳

時間に余裕があったので、東岳までプチ縦走。
hitokoma2014-330-5.jpg
東岳山頂にて

さあここからまだしぶとく残っている流氷に向って、標高差1500mのダウンヒル!

・・・といきたかったが、稜線はカリカリで恐る恐るの斜滑降、麓はズブズブであまり滑れませんでした。

*東岳は800~1200mのハイマツがかなり出ており、今後はルート取りが難しくなりそうです。

行動記録
6:20旧知円別小学校~10:30知円別分岐~10:45知円別岳~11:30東岳~13:40旧知円別小学校

おまけ
hitokoma2014-330-6.jpg
エビのしっぽと流氷

スポンサーサイト

野生の息吹

2014.03.26 (Wed)
今日は友人のご家族をルサのっこしへご案内。

スタート地点にはオオワシがとまっていました。。
今年は成鳥がかなり遅くまで残っている印象です。

ルサ川沿いには
hitokoma2014-326-1.jpg
エゾシカの残骸。
周囲にはキタキツネ、オジロワシ、オオタカ(?)なども居ました。
遠目でしたが、ヒグマらしき黒い物体も目撃。

雪解けは進んでおり、
hitokoma2014-326-2.jpg
渡渉地点もあります。

9歳のお子様は元気一杯、最初から最後までスノーシューで走り回っていました。
のっこし直下では、急斜面を駆け上がり
hitokoma2014-326-3.jpg
一足先に登頂。

稜線は風も弱く穏やか
hitokoma2014-326-4.jpg
少しモヤがかってますが、両方の海をを望むことができました。

ゆっくり昼食タイムを過ごした後は
hitokoma2014-326-5.jpg
家族そろって稜線からの尻滑り!

ポカポカ陽気で軟雪ラッセルは大汗かきましたが、知床らしい野生の息吹を感じさせるトレッキングでした。
まだ雪はたくさんあるので、4月上旬まではこのルートも楽しめそうです。
知床のスノーシュートレッキング


冬から春へ

2014.03.24 (Mon)
そろそろ冬のシーズンも終わりですが、これから春山が楽しい季節。
羅臼とウトロ、それぞれ別のリピーターさんと歩いてきました。

3/23 まだ吹雪の余韻が残る羅臼。
知床岳を目指すはずが、相泊は通行止で行けず。
東岳へ変更も、稜線は強風で視界なし。
標高500mの山ならなんとか行けそうだったので、北浜岳(通称)へ

hitokoma2014-324-1.jpg
番屋から入山して重い雪のラッセルに苦しみつつ高度を上げる

山頂直下の雪は飛ばされてカリカリ。風も強くて厳冬期の稜線のようでした。
ここから痩せ尾根の登りなので、念のためアイゼンピッケルロープを出す。
hitokoma2014-324-2.jpg
山頂にて。ルサのっこしの奥にルシャ沖の流氷が見えた。

hitokoma2014-324-3.jpg
東岳、ルシャ山方面

アイゼン、ピッケル、アンザイレンなど、冬山の練習にちょうど良い山です。
雪の状態が良ければスノーシューでも登れます。


3/24 一転して春の陽気になったウトロ
フレペの滝~男の涙~象の鼻と森林トレッキングしてきました。
hitokoma2014-324-4.jpg
男の涙はシカだらけ。

hitokoma2014-324-5.jpg
象の鼻。知床連山もきれいに見えました。
こんな簡単に絶景の場所に行けるウトロが羨ましい。

hitokoma2014-324-6.jpg
ウトロのシカは人馴れして逃げない。
羅臼のシカは近年追われて警戒心が強くなって近づけない。

おまけ
hitokoma2014-324-7.jpg
今日はクマゲラにも出逢えました

地質調査by山スキー

2014.03.18 (Tue)
ここ数日は地質調査のサポート業務でした。
これまで沢登りやシーカヤックでアプローチしてきましたが、ハイマツに覆われて行けなかった場所に今回はスキーによるアプローチを試みました。
一番の問題は積雪期でも露頭(岩が地面から露出している)が出ているかどうかでしたが、事前の下見調査と、今まで10年間スキーで歩いてきたルートの記憶を頼りに臨みました。

3/16 ルシャ山
一応主稜線上にあるが、目立たない丘のような山容で夏はハイマツに覆われアプローチが難しい山です。
取り付きから重い雪のラッセルに苦しめられ稜線に出るまでが大変でした。
hitokoma2014-318-1.jpg
稜線出ると、先日登った知床岳が姿を現す

山頂付近で露頭を発見してサンプリング。
hitokoma2014-318-2.jpg
眼前には東岳。

予定ではこの後東岳に登るつもりだったが、時間がなくなり下山開始。
hitokoma2014-318-3.jpg
上部はパウダーも、麓はバリバリのモナカ雪で疲労困憊。

3/17 東岳
前日に行けなかった東岳へ。目標は標高1000mにある露頭。
前日よりは雪が締まって順調に高度を稼ぐことができました。
hitokoma2014-318-4.jpg
上部は軽い吹雪模様でしたが、何とか見つけてサンプリング終了。

標高差1000mのダウンヒル。
hitokoma2014-318-5.jpg
スキーの名手である地質学者Iさんは、豪快に滑っていきました。さすがです。

3/18 北浜岳(通称)
我が家の裏山です。
ウチからスキーで入山するも、予想より天候悪化が早く、山頂手前で猛吹雪になりました。
hitokoma2014-318-6.jpg
それでも数箇所の露頭を見つける。

あっという間にホワイトアウト。トッカリムイ岳への縦走をあきらめてとっとと下山する。
hitokoma2014-318-7.jpg
雪はカリカリでスキーアイゼンでかろうじて登れるほど。標高は低いが、斜度もあり厳しい山です。

今回は予定していた3日間全て行動し、ほぼ目標地点のサンプリングができたので調査としてはまずますといったところでしょうか。

おまけ
hitokoma2014-318-8.jpg
磁鉄鉱が多く含まれている岩。磁石を近づけると間逆を指す。

知床岳ラッセル地獄

2014.03.12 (Wed)
今冬は忙しくて中々スキーができなかったのですが、今日は2ヶ月ぶりのスキー山行で知床岳へ行ってきました。

日の出と共に流氷ビッチリの相泊を出発。
hitokoma2014-312-7.jpg

樹林帯は新雪ラッセル。単独だと交代要員もいないので、消耗が激しい。

hitokoma2014-312-1.jpg
ここは雪崩が数年おきに起こっている場所で、樹木がなぎ倒されたまま。
今年は起きていない模様。2008年を最後にまだ確認してません。

天気は良いが稜線の風が強い。
700mでシートラ、40度の壁をアイゼンで登るがここも積雪がどっさり。あずって大変でした。

やっとのことで登りきる。このころから風が落ちて視界もクリアになる。
hitokoma2014-312-2.jpg
羅臼側の流氷

稜線に出ると知床岳が眼前に。
hitokoma2014-312-3.jpg
いつもはカリカリの稜線にも新雪が50cm。これから地獄のラッセル。
山頂までがながかった!

7時間かかってようやく山頂へ。クリアな知床連山が美しい。
hitokoma2014-312-4.jpg
知床岳山頂にこんな雪があるのは初めて。

hitokoma2014-312-5.jpg
知床岬方面

hitokoma2014-312-6.jpg
ウトロ側の流氷もまばらに

シールを外して山頂からのスキー滑降、雪が深すぎてスキーが潜ってしまい全然スピードが出なかったです。こういうときは幅広の板が良いんだろうなあ。
結局帰りもけっこうなラッセル強いられました。

それでも下山はかっ飛ばして2時間ほど。麓はバリバリのモナカ雪で足がパンパンです。
最高の天気に恵まれましたが、今までで一番キツかった知床岳日帰りでした。

back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。