スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シーカヤックの旅

2014.08.25 (Mon)
8/22~24の2泊3日で、カヤック半島周回の旅に出ました。

羅臼側相泊をスタート。
順調にスピードに乗って、ペキンまで2時間で到達するも、そこから先は追い波に翻弄されながら緊張の連続。
hitokoma2014-825-1.jpg
二本滝にて。
カブト岩通過時に、トドが顔を出してこちらを伺っていました。

赤岩沖で南風が強く白波が立ち始めたので、赤岩に上陸する。
hitokoma2014-825-3.jpg

上陸するなり大歓迎を受けました。
hitokoma2014-825-2.jpg

hitokoma2014-825-4.jpg
国境境の碑

hitokoma2014-825-5.jpg
灯台にて。
知床に通い始めて7年、これまでに連山縦走や知床岳などを踏破した常連様は念願の知床岬到達です。


森繁さんは、この景色を思い浮かべたのでしょうか・・・
hitokoma2014-825-6.jpg
知床岬のハマナス

その後も波風は強くなるばかり。結局その日は知床岬をかわせずに、赤岩でキャンプでした。
翌朝は少し風が収まるも、依然赤岩沖は白波が。
hitokoma2014-825-7.jpg
カヤックを牽引して、赤岩沖の危険地帯を通過。

岬をかわすと海況は一変し、ベタ凪のウトロ側でした。

hitokoma2014-825-8.jpg
海賊湾

hitokoma2014-825-9.jpg
カシュニの滝と硫黄山

hitokoma2014-825-10.jpg
キャンプ地での夕陽

ウトロ側は順調に漕ぎ進み、3日目の朝にはウトロへ上陸できました。

おまけ
hitokoma2014-825-11.jpg
岩を持ち上げようとして踏ん張るヒグマ

夜中にヒグマの雄叫びで叩き起こされ、ほとんど寝られなかったのはここだけの話です。

スポンサーサイト

遅咲きのお花畑

2014.08.19 (Tue)
羅臼岳・羅臼側ルートの登山道整備に行ってきました。
天気は高曇りでしたが、山上からは遠く択捉島ベルタルベ山まで見通せました。
hitokoma2014-819-1.jpg
羅臼平~お花畑トラバースルートにて

この付近は遅くまで残る雪渓後から広大なお花畑が現れます。
hitokoma2014-819-2.jpg
2ヶ月遅れのチングルマとアオノツガザクラ。
ここは登山者が少なく、ほとんど人目に触れることのないお花畑です。

八合目お花畑標柱~岩清水にかけて、ルート上にはまだ雪渓が100mほど残っています。
hitokoma2014-819-3.jpg
たったこれだけの距離でも、雪が固くしまっているときはアイゼンが必要になります。
特に雪渓を下るときは注意してください。
羅臼平までのトラバースルート上の雪渓はほとんどなくなりました。

hitokoma2014-819-4.jpg
雪渓上に張っていた誘導ロープは撤去しました。

羅臼側の登山道は長く厳しいルートです。
日の短くなるこれからの季節は、時間に余裕を持ちましょう。

雲上人

2014.08.16 (Sat)
スタート時は曇りだった羅臼岳。
羅臼平で雲の上に出て、山頂では見事な雲海が広がっていました。
hitokoma2014-816-2.jpg

hitokoma2014-816-1.jpg

高山帯ではタカネトウウチソウ、エゾオヤマリンドウなど、秋の花が見頃になっています。
hitokoma2014-816-3.jpg
イワギキョウとチングルマの綿毛

おまけ
hitokoma2014-816-4.jpg
山から大きな客船が見えました。まもなく羅臼にも寄港する「にっぽん丸」でしょうか?

雨音

2014.08.09 (Sat)
雨の中、一泊でサシルイ岳へ

hitokoma2014-89-2.jpg
テントを叩く雨音。
ショパンほど上品ではないけど、なぜか落ち着きます。

hitokoma2014-89-1.jpg
早朝の一時、晴れてくれました!

*三ツ峰野営地の水は8/9現在、まだ出ていますが、まもなく涸れそうです。

北海道の雪渓

2014.08.03 (Sun)
8/2、3と羅臼岳日帰り登山ガイド。
高山帯初めての方、30年ぶりの羅臼岳の方、それぞれ感慨深い登頂となったようです。

8/2 知床峠にて
hitokoma2014-83-1.jpg
これから登る羅臼岳と朝陽

hitokoma2014-83-6.jpg
山頂直下はまだお花畑満開でした。

8/3 羅臼岳横断(羅臼~ウトロ)
hitokoma2014-83-3.jpg
羅臼側登山道から見える雪渓は北海道の形。
これからそこを登ります!

hitokoma2014-83-5.jpg
屏風岩の雪渓と、雪解けの滝

屏風岩下部の登山道は半分以上出ていますが、上部~お花畑~岩清水方面には数百メートルの雪渓歩きがあります。
雪は固くしまっており、まだアイゼンが必要でした



back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。