スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羅臼岳横断

2008.08.08 (Fri)
羅臼岳横断(岩尾別~山頂~羅臼間欠泉)してきました。
今日は北西の風が強く、羅臼は晴れ。ウトロは曇り時々雨。
行きがけの天狗岩の朝焼けがとてもキレイでした。
hitokoma88-1.jpg

6:00岩尾別スタート。登りは途中雨に降られるも、エゾリス、シマリスと出会えました。
そして山頂手前で一瞬の晴れ間が。
hitokoma88-2.jpg

hitokoma88-3.jpg
登山経験豊富なご一家、楽々登頂。

ハードな羅臼側下山開始。
hitokoma88-4.jpg
例年であれば、雪渓が残る岩清水下ガレ場。
雪はまったくないが、ないなりにガレていて危険なので慎重に下降。

タフなご一家、その後も淡々と下り、5:00間欠泉に無事下山。
すると同時に、
hitokoma88-5.jpg
噴出!

突然の出来事にビックリの娘さん曰く
「私たちの安着祝で打ち上げ花火でもしているのかと思った」(実話)

僕「実は噴出時間に合わせて下山したんですよ~」(ウソ)
トラックバックURL
http://banyakitahama.blog35.fc2.com/tb.php/105-4eced3c1
トラックバック
コメント
ご紹介いただいております「登山慣れした家族」のオヤジです。今回羅臼岳にガイドをしていただき本当によかったと家族一同感激いたしております。羅臼岳があれほど自然と変化に富んでいるとは思ってもいませんでした(羅臼側)。出来れば住み着いてしまいたい思いなのですが、何しろ年が年なものですから(あと3ヶ月で還暦)。また行ける日まで、時々は「知床旅情」でも口ずさみながら、北の空を眺めています。石田さん有難うございました。
iso | 2008.08.14 20:54 | 編集
こちらこそありがとうございました。
羅臼側は厳しいですが、面白いルートですよね。
是非ご家族で羅臼に移住して下さい。
羅臼には還暦過ぎて現役バリバリの山岳ガイドがいます。。。。僕の師匠ですが(笑)
番屋北浜 | 2008.08.15 19:40 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。