スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厳冬期の羅臼

2008.01.13 (Sun)
朝、ガイドの仕事で出かけようとしたらゲートが閉められていた。
たしかに昨日から吹雪いてはいたが、それなら連絡くらいしてくれ。
急いで道路管理者に電話して事情を話し、特別にゲートを開けてもらった。

今日は動物観察の一日ガイド。天候は思わしくないが、とりあえずトドを探しに行く。hitokoma113-2.jpg
四頭の群れを発見。今日はサービス良く近くまで寄ってくれた。hitokoma113-3.jpg
そして振り返ると裏山にはオジロワシ。
hitokoma113-1.jpg
同じ場所でトドとワシが見られるのは羅臼くらいです。観光オフシーズンのこの時期ですが、動物見るなら一番良いですよ。

午後からは山へスノーシュートレッキング。かなり吹雪いてきたが、せっかくの新雪、近場でデイキャンプしました。
hitokoma113-4.jpg
外は-10℃の吹雪ですが、ツエルトの中は暖か。
hitokoma113-5.jpg
雪はだいぶ積もりましたが、まだ締まっていないのでカンジキ、スノーシューはちょっと歩きづらい状態です。
無事に仕事を終え、家路につく。
hitokoma113-6.jpg
ゲートを閉められ、再び閉じ込められてしまいました。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。