スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シーカヤックロケ

2009.09.11 (Fri)
9/8~10までNHKのシーカヤックロケに同行しました。
撮影クルー5名、ガイドは知床エクスペディションの新谷さん、僕ともう1名がサポート、計8名が相泊~知床岬まで二泊三日で漕ぐ予定です。

初日は朝から大雨、午後にあがるも風が強くなり、ひたすら待機。
結局相泊を出たのは17時で、化石浜に上陸した時は真っ暗。
hitokoma2009-911-8.jpg
薪ストーブと月夜

二日目は早起きして、夜明け前から小定置網起こしの撮影。
hitokoma2009-911-2.jpg
カラフトマスの小定置網もこれで終了です。

hitokoma2009-911-3.jpg
朝日とともに、撮影隊が帰還

hitokoma2009-911-1.jpg
カメラマンは世界中の僻地を撮っているベテランの方で、慣れた様子で重いカメラを操っていました。

二日目のキャンプ地は二本滝。
男滝や女滝にはカラフトマスが大量に群れて、それを狙ってヒグマも姿を現しました。
このヒグマは我々に気づくと、マスを一匹だけ銜えてさっさと逃げていきました。

hitokoma2009-911-4.jpg
天気図を取る新谷さん。明日の天気を予測します。
「冬型の気圧配置になり、北西の風が吹くだろう。行けるかどうかはまだわからない。
でも一つだけ言えることは
天気図を書いても天気は良くならない

それでも携帯電話が通じない知床では、ラジオで天気図を取ることは絶対に必要です。

hitokoma2009-911-5.jpg
三日目の朝。

二本滝を出発し、カブト岩の手前で天候が急変。
突風が吹き、大雨が落ちてくる。2秒で状況が一変しました。
すぐに引き返し、定置番屋にある浜に緊急上陸。

そのまましばらく待機するも、北西の風はどんどん強くなり、知床岬到達を断念。
歩いてカブトの山を登り知床岬を望んで、撮影は終了しました。
hitokoma2009-911-7.jpg
撮影隊のメンバー。奥は知床岬

今回は残念ながら知床岬まで行けませんでした。
しかしスタッフの皆様いわく
「厳しい知床の自然や、そこに暮らす漁師のありのままの姿を撮ることができ、良い番組が作れると思います」

「NHK WORLD」の「OUT&ABOUT」という番組で、世界100ヶ国以上に放映されるそうです。
おそらく知床のシーカヤックが世界に紹介されるのは初ではないでしょうか。
日本でもBSで放映するそうなので、日がわかりましたらお知らせします。

知床の海の怖さを再認識しましたが、充実の三日間でした。

*写真や内容の掲載はNHKの許可を得ています
コメント
皆様無事に撮影ができて何よりでした。放送が楽しみです。それにしても岬への道のりはやはり厳しいものでなんですね。。。
雪美 | 2009.09.11 13:21 | 編集
九月に入ると海が荒れますね~。
やはり岬方面は八月までがシーズンです。
次回は観音岩までなのでご安心ください。
番屋北浜 | 2009.09.11 19:20 | 編集
新谷さんを見ると、10回に1回くらい月尾を思い出します。

羅臼を離れた今となっては、
あの、
「お前ら庶民とは違うんだぜ的オーラ」
が懐かしいものです。

仕事中、ラジオを聴いてるとたまに出てくるんだよね、あいつ。
「僕は地球が大好きなんだ! ホラ、見て見て! 的オーラ」
が、ぷんぷんしてるわ!

あっ、このコメント、不都合あったら削除してくれていいからね!
笠原 | 2009.09.11 21:36 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。