スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羅臼岳ダイナミックコース

2008.02.02 (Sat)
山スキーお散歩会の三回目。今日は10日前に僕が偵察行した羅臼岳への最短コースを行く。参加者は羅臼から4名、標津から1名、斜里から3名+1匹。
横断道路の知床大橋付近から入山。
hitokoma22-1.jpg
砂防ダムを渡る

hitokoma22-2.jpg
尾根に取り付き、樹林帯をガンガン登る

hitokoma22-3.jpg
H700付近から羅臼市外の眺めが良くなる。国後沖の流氷も見えました。

hitokoma22-7.jpg
H800でハイマツの台地に出る。そのままゆるやかな尾根を歩き、H1000まで登る。

hitokoma22-4.jpg
残念ながら今日は羅臼岳見えず。風が冷たく、顔が凍りつきそう。厳冬期の稜線はやはり厳しい。

hitokoma22-5.jpg
風を避けて一服。

hitokoma22-6.jpg
下りは良い傾斜が続き楽しめるが、今日の雪は重たく僕は転びまくる。知床のパウダーシーズンは早くも終わりかもしれないです。

hitokoma22-8.jpg
ダケカンバと同化する

登り4.5時間、下り2.5時間の七時間で下山。豪快なダウンヒルが楽しめるこのコースは隊長が羅臼岳ダイナミックコースと名付ける。しかし「ゲレンデのコース名みたい」とメンバーには不評。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。