スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流氷カヤック

2008.02.06 (Wed)
毎日、流氷と山のネタばかりですが、しばらく続きますのでご容赦下さい。

まずは山のネタから
今日も山に行ってきました。毎日晴れでじっとしていられません。
目標は相泊の稜線にある窪地。地図で気になっていたところです。
相泊からスキーで海岸線を歩き、カモユンベから入山。カモユンベ川右岸尾根をひたすら登ること3時間で稜線につきました。

hitokoma26-1.jpg
稜線からの流氷

hitokoma26-2.jpg
これが窪地。夏でも水は涸れている感じです

hitokoma26-3.jpg
知床岳が良く見えます

hitokoma26-4.jpg
硫黄山本峰です。今年は登頂したいですね

hitokoma26-5.jpg
相泊沼が下に見えます。下りはここに向かって滑る。

hitokoma26-6.jpg
相泊沼まで降りてきました。夏も冬も静かな佇まいの秘沼です。

相泊まで滑って、熊の穴に下山。六時間の山旅でした。
番屋に戻ると、前浜に流氷が寄っていました。

そこにタイミング良く佐々木師匠が現れます。
前浜からカヤックを出艇、今季初の流氷カヤック。

hitokoma26-7.jpg

hitokoma26-8.jpg
海面は鏡のようです。最高のコンディションでした。
hitokoma26-9.jpg

我々二人ともガイドなのに、自分たちだけ遊んでいるのはもったいない。
この素晴らしい羅臼の海と山を是非楽しみに来て下さい。
そろそろ仕事で山行きたいです。。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。