スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬ぞり体験!

2010.04.01 (Thu)
昔からの憧れだった犬ぞりツアーに参加してきました。

南ふらので犬ぞりツアーを行っているアウトライダーの松原さんが、標津の民宿万月堂をベースに現在知床遠征中です。
是非!とお願いしたところ、快く引き受けて下さいました。

このツアーの特徴は、ただ犬ぞりに乗って楽しむだけではありません。
犬との対話、橇の準備や段取りなどをガイドと一緒に行うことによって、犬たちと自分が一体となりチームとしての信頼関係を築くことを目的としています。

hitokoma2010-41-1.jpg

hitokoma2010-41-2.jpg
このように橇のセットや扱い方のレクチャーを受け、はじめから自分たちで準備します。

hitokoma2010-41-3.jpg
この頃になると、犬たちも「やっと走れる!はやく連れて行け!」と興奮気味になっています。
中にはやる気の無いのもいますが。。。。

犬たちは「アラスカンハスキー」という橇を引くために交配された雑種が中心です。
全部で26頭います。

今回は橇一台につき6頭の犬たちとチームを組みますので、まず名前を覚え、会話をして犬たちと心を通わせるように努力します。これはすごく大事なことだそうです。

hitokoma2010-41-4.jpg
ハーネスを装着して橇につなぐのが結構大変。力が強い犬たちを1頭ずつ引っ張り6往復。
この時点でヘトヘト。。。

hitokoma2010-41-5.jpg
いよいよスタート!雪はグサグサで犬たちも走りにくそうですが、すごいパワーで引っ張っていきます。

hitokoma2010-41-6.jpg
雪原をまっしぐら!知床の山々が全て見渡せる最高のロケーション!

hitokoma2010-41-7.jpg
ウナベツ岳をバックに走る

hitokoma2010-41-8.jpg
僕のチームにはやんちゃなヤツがいて、しょっちゅう隣の犬にちょっかいをかけるため、途中で犬の配置を変えました。
それでもうまくいかず、再び配置換え。
このように犬の性格を把握できないと、上手く走らせることは難しい。
最初の段階でより深く犬たちと関わることが非常に重要です。

hitokoma2010-41-9.jpg
今回のマイメンバー。
セナ、ピノコ、ムク、ウーア、ガオ、ティガ、お疲れ様!
そしてありがとう。

たった4時間ほどでしたが、素晴らしい時間を過ごさせていただきました。
松原さん、ゆうかちゃん、ありがとうございます!
来年も知床に来ていただけるとのことで、楽しみにしています。

北海道で本格的犬ぞりツアー「アウトライダー
カヌー、犬ぞり製作「インディアンカヌークラフト



コメント
楽しそうですね。連山をバックにしたイヌゾリの風景は貴重かも。もしエゾシカやヒグマのソリがあったら面白いだろうなぁと、ふと妄想してしまいました(^^)。
雪美 | 2010.04.03 13:09 | 編集
犬ぞり最高でした。僕は現在、かなり犬飼いたいモードになっています。
ヒグマやエゾシカは残念ながら飼いたくありません(笑)
番屋北浜 | 2010.04.03 20:30 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。