スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海と山の巨匠たち

2010.05.09 (Sun)
先日の番屋の宴にて、

NPO法人EWS(アースワークスソサエティー)理事長の大谷映芳さんが番屋に来てくださった。

羅臼山岳会とは昔からの付き合いだそうで、山岳会メンバーを交えて番屋で宴会が始まった。
大谷さんはK2(エベレストより困難と言われている世界二位の高峰)登頂など世界の高峰や極地などを駆け巡った登山家で、今回は息子さんと羅臼岳に登ってきたとのこと。

宴もたけなわ、皆で飲んだくれていると新谷さんが乱入。当日知床エクスペディションが終了して陸に上がったばかりだったが、大谷さんが来ているとのことで駆けつけてくれた。

海と山で偉大な実績を持つ巨匠2人のコラボ。
2人の会話はスケールが違う。

「カラコルム山脈で3000mの落差がある氷河雪崩に遭った」だの、
「ネパールやパタゴニアの僻地で暮らしている子供たちへの基金」だの、

世界が違い過ぎて「はあ~」でな感じですが、聞いているだけでも面白い。

そんな方たちと一緒に酒が飲めるこの番屋に暮らしていることを時々不思議に思います。

hitokoma2010-59.jpg
新谷さんと大谷さん親子


「人と自然をこよなく愛し、地球の将来を思う」 NPO法人EWS(アースワークスソサエティー)

「知床は思いがけない感動を与えてくれるでしょう」 知床エクスペディション

コメント
なんて羨ましい!メジャー雑誌の対談でもここまでスケールの大きな内容は滅多に無いかと。山や海にど素人の私でも隅っこでお聞きしたかったです^^;
雪美 | 2010.05.10 08:28 | 編集
知床エクスペディションに参加すれば毎日新谷さんとの宴会が待ってますよ(笑)
番屋北浜 | 2010.05.10 15:45 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。