スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

灼熱の羅臼岳

2010.06.29 (Tue)
6/27,28と羅臼岳連荘でした。
2日とも快晴無風、素晴らしい展望でしたが、何せ暑すぎる!
日中は30℃近くまであがり風もないのでバテバテ。
軽い熱中症になってしまいました。すっかり暑さに弱くなっています。
普段風に悩まされている知床の山で、初めて「風よ吹いてくれ!」と思いました。

6/27 羅臼岳横断(羅臼~ウトロ)
hitokoma2010-629-1.jpg
融雪期限定、屏風の滝

hitokoma2010-629-2.jpg
羅臼から7時間の苦闘の末、山頂へ。

羅臼側登山道情報
hitokoma2010-629-5.jpg
屏風岩~岩清水の大雪渓は例年並に残っています。
屏風岩上部、お花畑分岐の標柱は出ていますが、岩清水直登方面、羅臼平へのトラバース方面ともに雪渓で夏道は出ていません。視界の悪いときは道迷いの危険性があります。
雪渓上部は斜度があり、この気温でも雪は硬く、本格アイゼン(前爪付10本以上)が必要です。

泊場のすぐ先、涸れ沢の入口はところどころ雪渓で非常に迷いやすい箇所です。
ピンクテープを目印にしてください。
この時期、羅臼側登山道往復は12時間ほどの所要を見ておいたほうがいいでしょう。

6/28 ウトロ往復
hitokoma2010-629-3.jpg
岩清水はイワウメが満開でした。
暑い中、ここの清水は最高の一杯です。

hitokoma2010-629-4.jpg
余裕の登頂。さすが、内地から来たお客様は暑さに慣れていらっしゃいます。

この日は合計60人ほどのツアーが登っていました。
いよいよ登山シーズン到来!といったところです。

ウトロ側登山道情報
hitokoma2010-629-6.jpg
大沢の雪渓は踏み後ができつつありますが、気温が下がった場合はアイゼンが必要になります。

仙人坂の雪渓トラバースはなくなり、夏道が辿れます。

羅臼岳花情報
hitokoma2010-629-7.jpg
エゾノツガザクラ

標高800~1300にかけてはウコンウツギ、ナナカマド、ツマトリソウ、ゴゼンタチバナなどが見頃。
高山帯では、チングルマ、イワウメ、エゾコザクラ、コメバツガザクラ、エゾノツガザクラ、コケモモ、ハイマツ、ミネズオウ、キバナシャクナゲ、メアカンキンバイなどたくさん咲いています。
これから七月にかけて高山植物ハイシーズンとなります。
コメント
知床・羅臼で6月に30度とは考えられない気温の上昇ですね!
南国?淡路島で30度ですから知床と同じ気温です。
暑さには慣れっこの私もパテ気味です。
暑さには気をつけて下さい!
クロウサギ | 2010.06.29 10:21 | 編集
前からの素朴なギモンですが、暑いのに何故雪は融けないのでしょうね?
そちらの雪を少しこちらに送っていただけません?スカイツリーの上からばら蒔いてやりたい(笑)。
雪美 | 2010.06.29 12:26 | 編集
お気遣いありがとうございます。
羅臼に住んでいますと30℃は体が受け付けないようです(笑)

番屋北浜 | 2010.06.29 17:00 | 編集
暑さで雪渓はどんどん解けていますが、表面から順に解けるので時間がかかるのでしょう、たぶん。。
昨日は暑くて、僕も雪を頭から被っていました。
スカイツリーの分は解けないうちに雪美さんが取りに来てください(笑)
番屋北浜 | 2010.06.29 17:07 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。