スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高みから流氷

2011.02.17 (Thu)
相変わらず流氷びっちりの羅臼です。
スケソウ漁船は5日も出港できず、町から鮮魚が消えました。

今日は一日ガイドです。
まずは番屋前浜で、流氷観察。
hitokoma2011-217-6.jpg
ちょうどよく海面が開いて、氷泥からハスの葉氷へ成長する過程を観察できました。

そして、山から見る流氷もまた良いですよ~とスノーシュー登山で北浜岳へ。
高曇りで展望はまずます。気温は-1℃と暖かい。上々のコンディションです。
hitokoma2011-217-1.jpg
流氷は少しまばらになっていました。
でも「少し海が見えていたほうがキレイ!」と感動されていました。

hitokoma2011-217-2.jpg
ルサのっこしの向こうにはルシャ沖の流氷が見えました。

hitokoma2011-217-3.jpg
風も無く穏やかで、ゆっくりラーメン食べられました。バックは東岳。

帰りは我が番屋に向って降ります。
hitokoma2011-217-4.jpg
最後は急斜面をズルズルと・・・

hitokoma2011-217-5.jpg
雪まみれになって終了!大変おつかれさまでした。

網走~ノロッコ号~(有名な)北浜駅~斜里~羅臼~(マイナーな)北浜岳と流氷三昧のAちゃん、良かったね!
コメント
羅臼を去って神戸に戻ってから、びっくりする程駆け足で日々が過ぎていきます。
運動とか、アウトドアとか、まるきしだめな私ですが、あの景色が恋しくて写真を眺めては思い出しています。
本当にありがとうございました。
また、知床への思いを温めつつ日々頑張っていきたいです。
Aです | 2011.03.06 22:36 | 編集
こちらこそありがとうございます。
景色も流氷も最高でしたね!
アウトドアだめとか言うわりには、ガンガン登っていたよね(笑)
今度は羅臼岳に登りましょう!

またお待ちしています。

番屋北浜 | 2011.03.07 07:08 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。