スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野生動物ウォッチング

2008.02.20 (Wed)
晴れが続きます。流氷は羅臼前浜に戻ってきました。
今日の羅臼は多くの報道陣が来ていました。
ユネスコの世界遺産調査団が、きちんと遺産の管理がなされているかチェックしに来ているためです。シェパードさん(知床の自然遺産を事実上決めた人)の目に羅臼はどう映ったのでしょうか。

僕はガイドのお仕事で野生動物を探しに行きました。
お客様は早朝観光船でワシをたくさん見てきたので、まずはエゾシカから。
最近の大雪で山に餌がなくなったシカたちが、道路付近にたくさん降りてきていました。

そしてアザラシはいつものポイントに戻ってきてくれました。
hitokoma220-1.jpg
狭い岩礁にむりやり四頭乗るゴマフアザラシ

午後からは山へアニマルトラッキング。
エゾシカ、キタキツネ、エゾクロテンの足跡がありました。
hitokoma220-2.jpg
山から流氷を見て一服

この付近はエゾシカが群れをなして歩いています。キツネも姿を見せてくれました。
hitokoma220-3.jpg
北浜岳にて

下山後は熊の湯へ。
お客様にとっても充実の一日だったようです。
こんな穏やかな羅臼に騙されて、再び訪れてほしいものです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。