スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最果ての戸籍を訪ねて(前編)

2011.06.16 (Thu)
突然ですが、我々夫婦の本籍地は知床岬にあります。
今回は2人で最果ての戸籍を目指してみました。

といっても海岸トレッキングやシーカヤックで何度も知床岬には行っているので、ちょっとしたバリエーションルートで。

相泊~二本滝 シーカヤック
二本滝~ウィーヌプリ 沢登り
ウィーヌプリ~ポロモイ湾上部~知床岬 半島横断トレッキング
知床岬~二本滝 海岸トレッキング
二本滝~相泊 シーカヤック

以上を二泊三日で踏破する予定です。

6/14
朝から雨模様であるが、相泊からカヤックで漕ぎ出す。
hitokoma2011-616-1.jpg
追い波で緊張したパドリングが続くが、追い風に助けられて3.5時間で二本滝到着。BCを設営する。
hitokoma2011-616-2.jpg
気温は10℃以下。非常に寒かった。翌日に備えて早々と就寝。

6/15 小雨
5:00に出発して男滝右岸の急斜面に取り付く。このルートは昨年10月に登っているので不安は少ない。
hitokoma2011-616-3.jpg

女滝の沢(メオトタップ川)を遡行する。
hitokoma2011-616-4.jpg
霧と新緑の森がいい雰囲気。
ただ、昨年10月と違うのは、ウルシ。林床は生き生きとしたツタウルシで埋め尽くされ、さすがに参った。
幸い2人とも大丈夫でしたが、かぶれに弱い人なら悲惨なことになっていたでしょう。
hitokoma2011-616-8.jpg
ツタウルシ畑に突入!

稜線手前から笹薮とハイマツ漕ぎ
hitokoma2011-616-5.jpg
草露で全身びしょ濡れになるが、30分で稜線へ抜ける

ウィーヌプリ山頂。ここまで3時間半。
hitokoma2011-616-6.jpg
霧雨が降っていたが、思ったより展望が望めて満足。
これから一旦斜里側に下降して、半島横断し、知床岬を目指します。

・・・先程帰ってきて、さすがに眠いので今日はここまで。続きは明日書きます。
コメント
本籍地はホントに地の果て!
なんだか二人にピッタリの感じですね!!!
お疲れでしょうが中編?後編も楽しみにしてます!
でもこのホームページを書いてるってことは、冒険は
大成功だったと言う事ですね! オメデトウ!!!
クロウサギ | 2011.06.17 11:10 | 編集
ありがとうございます。
2人一緒に知床岬に立ったのは初めてなので、良い記念になりました。
番屋北浜 | 2011.06.17 20:37 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。