スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

硫黄山とシレトコスミレ

2011.06.26 (Sun)
昨日6.25より硫黄山登山口が条件つきで使用できるようになりました。
詳しくはコチラ

というわけで、早速今日下見を兼ねて登ってきました。
hitokoma2011-625-1.jpg
この登山口は6年ぶり

登山道の刈り払いは事前に関係機関が行ってくれたので、非常に歩きやすかったです。
ありがとうございました。
hitokoma2011-626-2.jpg
硫黄沢の雪渓は長く、H1000~1300にかけて通過に45~60分ほどかかります。
アイゼンがあったほうが早く登れるでしょう。

急傾斜の岩場をよじ登ってピークへ
hitokoma2011-626-3.jpg
山頂は縦走で来ているので2年ぶりですが、硫黄山往復は6年ぶりです。
相変わらずここの眺めは素晴らしい。個人的には羅臼岳より好きですね。
エゾノツガザクラ、メアカンキンバイ、キバナシャクナゲ、エゾコザクラ、コメバツガザクラ、イワウメなど山頂お花畑は見頃でした。

そして、今日のお目当ては
hitokoma2011-626-1.jpg
シレトコスミレ
まだ咲き始めですが、硫黄沢上部の砂礫帯に数株ほど。

第一火口に下りてみました。
hitokoma2011-626-4.jpg
指定キャンプ地はほとんど雪渓に覆われ、フードロッカーも雪の下。

ヒグマの痕跡もあちこちにありました。今日は登山者が後を付けられる事例もあったそうです。
ヒグマ対策を怠ることなく、連山縦走や硫黄山を楽しみましょう。

知床倶楽部ガイド 知床連山縦走 硫黄山登山

コメント
硫黄山も魅力的ですね。 目下のところ、利尻富士→斜里岳→トムラウシ山の順番で挑戦しようと思っていたのですが、この中に硫黄山も含めたいですね!!
啓介 | 2011.06.27 21:32 | 編集
先日はありがとうございました。
硫黄山は花の時期がオススメです。ここでしか見られないシレトコスミレなど、山頂付近は百花繚乱ですよ。
今年はシャトルバスの関係上、日帰り登山は7月末までしかできませんが、是非来年行きましょう!
番屋北浜 | 2011.06.27 22:32 | 編集
シレトコスミレ、来月にはもう終わりでしょうか。毎年ヒグマに邪魔されますが、ストーカーは断固お断りしたいです(泣)。
雪美 | 2011.06.28 00:14 | 編集
体力的にはどう?気をつけなければいけないことは?自己責任で行ってみようかな?
桜井 | 2011.06.28 21:01 | 編集
硫黄山のシレトコスミレは来月末にはほぼ終わっているでしょうね。
ただ、縦走路には遅咲きのものもあるのでそれに期待しましょう!
番屋北浜 | 2011.06.28 21:05 | 編集
あの温泉に行ったのですから体力的にはまったく問題ないかと。
現在は雪渓が長いのでちょっと大変だと思いますが、桜井さんなら7~8時間で往復可能ではないでしょうか。
注意事項はヒグマ対策と、視界不良のときルートを失いやすいことです。登山道は岩場やガレ場が多くて、印も古くて不明瞭なものがほとんどです。特に下山時は山頂下で方向間違うとウブシノッタ沢に迷い込みやすいので地図とコンパスでしっかり方向を定める必要性が出てきます。

ちなみに、硫黄山へカムイワッカから日帰りできるのは7/31までです。(8/1からマイカー規制がはじまるので)
番屋北浜 | 2011.06.28 21:10 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。