スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羅臼岳・羅臼側登山道情報

2011.07.24 (Sun)
今日は雨の中、羅臼岳の登山道整備に行ってきました。
羅臼側は8合目~9合目、屏風岩上部から岩清水下にかけて、まだ雪渓が200~300m残っています。
斜度も急なので、アイゼンは前爪のある10本以上が必要です。


雪渓ではこのようにガスがかかるとルートがわからなくなります。
hitokoma2011-724-1.jpg
20mおきにピンを打っていますので、このピンに沿って登ってください。

今日はピンの定期点検、倒れているものを打ち直してきました。
hitokoma2011-724-2.jpg

ウトロから登って羅臼側に下山しようと考えている方は、以下を注意してください。
・羅臼側はかなりハードで時間もかかります。標準タイムでも下山に5時間はみてください。
・アイゼンはまだしばらく必要です。今年は例年より雪解け遅れています。
・屏風岩の下で沢に入らないこと。ロープが張ってあるので見落とさないで下さい。
・羅臼平からのトラバースルートは一部雪渓が残るものの登山道が出ています。
ロープからはみ出して歩かないで下さい。貴重な高山植物群落が失われてしまいます。

羅臼側から登るコースは厳しいけど、変化に富んで面白いですよ~
八月上旬はお花畑が見頃になりそうです。
羅臼岳登山ガイド
コメント
本当にお疲れ様としか言い様がないです。晴天ならまだしも、あの天気の中、行っていたなんて、信じられない!
これでまた、今期の遭難者を防ぐことが出来ました。
ありがとうございます。今度登るときは感謝して登ります。
桜井 | 2011.07.25 15:52 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。