スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野鳥の楽園

2011.11.04 (Fri)
最近は仕事で根室通いが続いていますが、今日はプライベートで根室・春国岱へ。
hitokoma2011-114-1.jpg
さすが野鳥の宝庫と言われるだけあって、ヒドリガモ、ホオジロガモ、オナガガモの海ガモ類、そこらじゅうにいるオオハクチョウ、羅臼ではあまり見かけないレンジャクなど、短時間でたくさんの鳥を観察できた。
お目当てのヒシクイは残念ながら見つけられず。

hitokoma2011-114-3.jpg
タンチョウの家族もなかよく行進中。
走古丹ではゴマフアザラシが海から顔を出していた。

帰路には別海の沼巡り。
hitokoma2011-114-4.jpg
兼金沼(かねきんとう)。途中に案内板はまったくなく、地図を見ていかないと迷う可能性大。
畔の朽ち果てた小屋の中には古いボートがあった。
看板一つなくほとんど訪れる人もいないであろうこの沼も、昔は観光客が立ち寄ったのだろうか?

hitokoma2011-114-5.jpg
茨散沼(ばらさんとう)。
ここも静かな佇まいでいい雰囲気。観光シーズンはけっこう人も来るらしい。

hitokoma2011-114-6.jpg
茨散沼に沈む夕陽とハクチョウ。

根室の魅力再発見!の1日でした。
コメント
タンチョウも見れるなんていいですね。 冬の北海道も行ってみたいです。
啓介 | 2011.11.06 22:06 | 編集
タンチョウは道東で比較的普通に見られますよ。
北海道は冬が最高です!寒いけど!
番屋北浜 | 2011.11.07 21:58 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。