スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サシルイ岳

2012.04.15 (Sun)
知床連山の真ん中にあるサシルイ岳は主に連山縦走で通過する山で、単体で登山することは少ない。
積雪期に羅臼側から登ったという話を聞いたことがないので、日帰りで挑戦してみました。

ルートはオッカバケ川右岸尾根(サシルイ川左岸尾根)。かなりのロングコースのため日の出と共に出発。
快晴無風、シャツ一枚で歩く。暑さでバテる。
hitokoma2012-415-1.jpg
左から羅臼岳、三ツ峰、サシルイ岳

森林限界で、目指すサシルイ岳が見えてきた。
hitokoma2012-415-2.jpg
ここからが長かった・・・

雪は日差しで緩んでいたので、これは山頂までスキーで行けるかも!と期待するもやはり山頂下は硬く1250でシーデポ。
アイゼンピッケルで山頂へ

7時間かかってようやく山頂へ。相変わらずシャツ一枚の暖かさ。
hitokoma2012-415-3.jpg
羅臼岳方面。今年は雪が多い!

hitokoma2012-415-4.jpg
硫黄山方面

hitokoma2012-415-5.jpg
ウトロ沖にはまだ流氷帯が!

下りのザラメは滑りやすかったが、かなり疲れていたので楽しむ余裕はなく慎重に行く。
途中の登り返しで疲労はピークに達し、食欲もなくなりました。日差しにやられたのかも?

16:30に無事下山、ヘトヘトです。
往復23km、累積標高差1600m以上の厳しい登山でした。
技術的に難しい箇所はないけど、最高の天気に恵まれた日でもこのキツさ。やはり一泊で行くルートでしょう。

行動記録
4:30オッカバケ川右岸取付き~10:20H1250シーデポ~11:30山頂12:00~16:30下山

おまけ
hitokoma2012-415-6.jpg
麓には縦横無尽に足跡が。冬眠明けは活発ですね~

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。