スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

積雪期の羅臼岳登山

2008.03.13 (Thu)
今日は山スキーお散歩会で羅臼岳に登りました。
ルートは登山川右岸尾根からダイレクトに山頂を狙う。積雪期の最短コースです。
スタートは5:00。日の出前で気温は-10℃。雪はカリカリでした。

hitokoma313-1.jpg
H700にて。天気は快晴、国後島に雲海がかかってキレイでした。

hitokoma313-2.jpg
H1100にて。羅臼岳が迫る。ここまで4時間。

このあたりで、スキーをデポし、アイゼンに履き替える。
hitokoma313-3.jpg
最大斜度50度の急斜面を登る。雪が硬い場合に備えてロープを持参したが、幸い日差しで雪は軟らかく、何とか登ることができた。

hitokoma313-4.jpg
所々ハイマツが出ており、足がぬかって体力を消耗する

hitokoma313-5.jpg
山頂直下

hitokoma313-6.jpg
12:00登頂!最短コース、ペースもそこそこでしたが、七時間かかりました。

hitokoma313-7.jpg
山頂からの景色は絶景でした。

hitokoma313-8.jpg
ウトロ側の流氷はびっちりでした。
今年は羅臼側にも流氷が多く、こんな景色は地元でもなかなかお目にかかれません。
積雪期の羅臼岳登頂は四回目ですが、今までで最高の眺めです。

hitokoma313-9.jpg
下山してすぐに山頂を見ると、ワタリガラスが六羽集まっていました。上昇気流の乗って悠々と飛び回り、知床の最高峰を楽しんでいるようでした。

下りは最悪の雪質で大変でしたが、何とか滑り降り、16:30下山。
計11時間半でさすがに疲れましたが、最高の一日でした。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。