スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒグマの・・・

2012.07.12 (Thu)
今日はリピーター様と硫黄山へ
hitokoma2012-712-1.jpg
生憎の雨模様で新噴火口までのトレッキングとなりましたが、展望は開けていました。
この山は30分登ると視界が開けて、気持ちの良い展望と荒涼とした火山の景色が楽しめます。
知床硫黄山登山ガイド

幸いヒグマには遭いませんでしたが、帰りにこんなものを見つけてしまいました。
hitokoma2012-712-2.jpg
ヒグマの頭骨。直径20センチに満たないので、子クマのものと思われます。

山を歩いていても普段はめったにヒグマの骨は見かけません。
彼らはどのような最後を迎えているのか興味深いですね。
コメント
もうかなり前ですが、知床岬へ向かう途中、崖から転落して息絶えたと思われる蝦夷鹿の白骨遺体と遭遇した事があります。イルカの頭骨、オジロワシの遺体、・・・自然の営みを見る思いでした。
春渓 | 2012.07.12 21:25 | 編集
その頭骨はどうなった?
この頃、ずぅ~~~~~っと週末もぐずついているのですっかり山登り欲求不満です。今週も予定していたのですが悪いみたいだし!お盆頃に連山を一気駆けするつもりでいるので細かな情報をアップしてください。
さくらい | 2012.07.13 10:48 | 編集
エゾシカの白骨はよく見かけますが、オジロワシはまだ見たことありません。すごいですね!
番屋北浜 | 2012.07.13 15:56 | 編集
頭骨はそのままにして、カムイワッカゲート管理人に報告しました。
管理人も昨日から知っていて、財団に知らせたそうです。
財団が回収したかどうかはわかりませんけど。

お盆後半は僕も二泊三日で縦走予定です。
その前は縦走路いけるかどうかわかりませんので期待しないでください(笑)
番屋北浜 | 2012.07.13 16:00 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。