スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

念願の羅臼岳登頂!

2012.09.19 (Wed)
最近は羅臼岳ガイドを2本。

9/17 30年前に峠から見た羅臼岳への憧憬
hitokoma2012-919-1.jpg
「あそこに登ったんですね!やっと念願叶いました。」

9/19 知床常連のリピーター様、念願の羅臼岳へ
hitokoma2012-919-2.jpg
ガス・強風の悪条件の中で価値ある登頂!

相変わらず残暑の厳しい知床です。
紅葉がだいぶ遅れています。
hitokoma2012-919-3.jpg
9/19の大沢。例年だと9月上旬頃の色づきでしょうか。

おまけ
hitokoma2012-919-4.jpg
木登りクマさん

コメント
今年の羅臼岳は、ヒグマとの遭遇率が高いみたいですね!接近事故とかは、起きていないのでしょうか?戦慄だった鹿殺しの現場を思い出します。
啓介 | 2012.09.20 18:22 | 編集
今年の羅臼岳はヒグマ多かったですね~
人馴れしすぎて登山者が多くても近づいてきます。
事故は起きていませんが、接近遭遇はしょっちゅうでした。
2年前の惨劇現場は生々しかったですね!
番屋北浜 | 2012.09.20 22:39 | 編集
同感です。自分で登った山を後で遠くから見ると、とても信じられません。連山を眺めるたびに、あの時あそこで、あの稜線で~と思い出しては、つい一人でへらへらしてしまいます。
この夏は全国ニュースでも知床の痩せたクマが何度か報道されています。このクマは木登りもできるので、ちゃんとごはんを食べているんでしょうかね。
雪美 | 2012.09.21 15:11 | 編集
羅臼岳は道中、数箇所で山頂が見えますが、あまりの遠さに絶望的になる方が多いので、ガイドの際はあえて言わないようにしてます(笑)
このクマは当歳の子供で親は見当たりませんでした。
とりあえず木に登ってドングリを採ることはできるようですが、親がいなければ生きながらえることは難しいでしょうね。
番屋北浜 | 2012.09.21 19:20 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。