スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羅臼~ウトロ、厳冬期シャトルバス

2012.11.08 (Thu)
更新ご無沙汰しておりました。
最近はずっと雨ばかりの知床です。
山にも行けず、薪割りと事務仕事ばかりやっている毎日です。

今日はお知らせが一つ。
来年の冬に中標津~羅臼~ウトロを結ぶシャトルバスが初めて運行します。

詳しくはコチラをご覧ください。

流氷シーズンは中標津空港~羅臼~ウトロのアクセスが便利になります。
冬道のレンタカー運転に不安がある方には朗報ですね。

今までのアクセスの不便さに比べればかなり画期的なことです。
しかしこの便だと、ウトロ宿泊が前提に考えられています。
知床観光の多くがウトロ中心である現在の状況ではしかたのないことでしょう。

ウトロから日帰りで羅臼の観光船に乗って帰るのは可能になりましたが、願わくば是非羅臼に泊まって冬山も体験していただきたいと考えております。

羅臼の冬山から見る景色も中々のものですよ。
知床のスノーシュートレッキング
冬の1日体験プログラム

下山後は温泉で汗を流し、スケソウ、タラ、ウニなど海鮮料理が豊富な羅臼の宿に是非お泊りください!
羅臼の宿一覧



コメント
便利なバスが出来たんですね!
変な質問です、冬の間は知床横断道路は閉鎖されると思っていますが羅臼からウトロはどんなルートで運行されるんですか?
知床横断道路しかルートを知らないものですので!
クロウサギ | 2012.11.10 22:59 | 編集
冬期の羅臼~ウトロはR244号線で根北(こんぽく)峠を経由します。夏なら横断道路で30分なのに、冬は2時間かかります。
このルートは夏でも路線バスなど交通機関は一切ないので、今回のシャトルバスは画期的ですね。もっとも乗客が少なければ一年で終わると思います(笑)
番屋北浜 | 2012.11.11 18:00 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。