スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰宅難民

2013.01.28 (Mon)
今日、3日ぶりに帰宅しました。
別に山に入っていたわけではありませんが、猛吹雪に見舞われた怒涛の3日間でした。

1/26 北浜脱出
前日からの大雪で除雪に追われる。番屋前の道路は前日夜から通行止。
hitokoma2013-128-2.jpg
大雪が降ると出動するロータリー除雪車。
ドカドカ降り続く雪は、かいてもかいてもきりがない。
やっとこのことで一段落し、道路も開通したので羅臼へ。

シマフクロウ座談会に出席する。
hitokoma2013-128-1.jpg

その後、山岳会の総会・新年会があり午前様。食べ処いわみに泊めていただく。

1/27 ウトロへ
ウトロでガイド関係の会議があるので、朝早く羅臼を出発。
大荒れの予報で一抹の不安があったが、羅臼はそれほど荒れていないので大丈夫だろうと思い車を走らせる。
根北峠あたりから猛吹雪でホワイトアウト。
hitokoma2013-128-3.jpg
除雪車の後を走っている分には大丈夫だが、峠を越えてから吹雪はひどくなり、道路にも吹き溜まりができるようになった。斜里市街地付近が一番ひどかったが、なんとかウトロへ到着。

会議では帰路の心配をしていただき、早め終了のご配慮をいただきました。
しかしせっかくウトロまで来たのだからと、昼食を食べ自然センターに行きました。
このときすでに帰路が封鎖されていたのも知らず・・・
hitokoma2013-128-4.jpg
プユニ岬からの流氷。

さあ、気合入れて羅臼まで帰るぞ!

しかし無常にも
根北峠吹雪で閉鎖。さらに清里峠も閉鎖。

車中泊も考えましたが、野上峠は通れるとの情報を得て羅臼へ帰ることに。
斜里~清里~小清水~川湯~弟子屈~中標津~羅臼と長躯帰ってきました。
本日の走行距離400km。旅行に行ったわけではないんですが。

そこへ道路管理者から北浜方面通行止の電話。
このときは吹雪もだいぶ収まってたが、北浜付近は猛吹雪とのこと。
そんなわけで今日も帰れなくなりました。

しかし民宿本間さんで友人との宴会に参加し、そのまま泊めていただくことに。

1/28 北浜帰着

今朝はそのまま仕事に行きましたが、林道の除雪が追いつかず仕事になりませんでした。
夜には道路も開通し、やっと北浜へ帰って来ました。

悪天候の運転は冬山登山より堪えます。
無事に帰ってこられて何よりでした。
吹雪の道中、トンネルを走っているときはちょっと一息つけます。
hitokoma2013-128-5.jpg
出口があの世へ繋がっていなくてよかったです

コメント
先週末からそちらは大荒れの天気でしたね。私の携帯には道路情報のメールが一日中ひっきりなしに届いていました。ライブカメラをチェックしていましたが、どこも真っ白でしたよ。子供の頃、学校帰りに遭難しかけたことを思い出しました(笑)。
とりあえずご無事で何よりです。(トンネルも最近は安心できませんが。。。)
雪美 | 2013.01.30 00:49 | 編集
北海道は普通に道路で遭難できますよね(笑)
今日も凄まじい暴風雪です。除雪車が来ないので出られません(泣)
番屋北浜 | 2013.01.30 08:53 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。