スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羅臼岳からの流氷

2013.03.20 (Wed)
好天の中、羅臼岳へ。
登山川右岸尾根を詰めて、ダイレクトに山頂を狙うこのルートは5年ぶりです。

早朝に出発したので雪はカチカチ。麓からスキーアイゼン装着です。
森林限界に出ると、ハイマツが早くも出ていました。
hitokoma2013-320-1.jpg
H800で目の前に羅臼岳が現れる

H1100でスキーデポ。ダブルアックスで眼前の雪壁を直登します。
hitokoma2013-320-2.jpg
雪は固めでアックスもよく効きました。

hitokoma2013-320-3.jpg
雪壁を登りきると目の前に山頂溶岩ドームが

風も弱く、驚くほど順調に登頂できました。
hitokoma2013-320-4.jpg
積雪期に最低一回は登頂することを目標に、今年で9年目。

hitokoma2013-320-5.jpg
ウトロ側は流氷びっちり。羅臼もまだ国後側に残っていました。
羅臼岳から両側の流氷を見たかったのです。

hitokoma2013-320-6.jpg
知西別、遠音別、海別方面。
羅臼湖は早くも少し解け始めてました。

下りはちょうど良い具合に雪も緩んで、快適なスキー滑降を楽しめました。
羅臼岳、万歳!

行動記録
5:10熊の湯~登山川右岸尾根~8:30H1100スキーデポ~10:15山頂10:45~13:30熊の湯

コメント
雪景色の羅臼岳に、両手に流氷と、なんとも贅沢な風景ですね~!私も味わってみたいものです!
啓介 | 2013.03.21 20:04 | 編集
今度は是非一度積雪期にお越しください!
・・・奥様のお許しが出れば(笑)

番屋北浜 | 2013.03.22 15:37 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。