スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

番屋北浜~知床岳縦走

2013.03.27 (Wed)
1泊2日で知床岳へ。
相泊までの道路は、相変わらず番屋前で通行止です。
ので、自宅裏から山へ入り知床岳まで行くことにしました。

3/26 自宅裏からスタート
hitokoma2013-327-1.jpg
デブリに見えるのは、我が家の水道ホースを掘り返した後です。
ちなみに番屋の水道は24日に開通させました。

この日、山の上は轟々と風が唸っていた。
北浜岳~トッカリムイ岳をやめて、風裏の斜面をトラバースしながらオショロコツ川源頭へ。
ここから稜線へ出るつもりだったが、風が酷いので早々と停滞する
hitokoma2013-327-2.jpg
H300、昼にはテント張ってひたすら読書してました。
読みたかったハードカバー(重い!)をやっと読了。

夜には風も止み、翌日3/27は予想どおり良い天気。
hitokoma2013-327-3.jpg
国後から昇る朝陽

hitokoma2013-327-4.jpg
稜線に出たらハイマツが予想以上に出ている。
スキーが引っかかって歩きづらいが、強引に突破

稜線から相泊沼が見えた。
hitokoma2013-327-5.jpg
根室海峡にもまだ流氷はかなり残っていた。

知床岳までの稜線は意外とアップダウンがあり、かなり消耗した。
hitokoma2013-327-6.jpg
P862(通称双子山)から知床岳を望む

出発から7時間、番屋から10時間かかりようやく山頂へ
雪は緩んでスキーで山頂まで上がることができた。
hitokoma2013-327-7.jpg
山頂から知床岬方面

快晴微風、こんな穏やかな知床岳は珍しい
hitokoma2013-327-8.jpg
斜里側の流氷

hitokoma2013-327-9.jpg
山頂から気持ちよく滑ることができたが、荷物が重いのでヨロヨロ、かなり足にきていた。

ヘロヘロになりながら17時までかかってようやく自宅へ下山。
全行程30kmの縦走は良い訓練になりました。


コメント
まだまだ真冬の知床岳素晴らしい風景ですね!
オホーツクと太平洋を一度に見渡せるなんて素晴らし過ぎです!
いよいよ春も近付いて来て登山の季節が又やって来ますね!
無理の無いように体に気を付けて!
クロウサギ | 2013.03.28 23:08 | 編集
知床岳は冬なかなか晴れないので、このような景色はとてもラッキーでした(天気良い日を狙って登っているのですが笑)
これから春の山は最高のシーズン、一番楽しい季節がやってきました。事故のないよう気をつけます!
番屋北浜 | 2013.03.29 19:36 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。