スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅葉の沢へ

2013.10.24 (Thu)
最近は地質調査サポート業務で沢歩きの日々でした。

hitokoma2013-1024-1.jpg
温泉の湧く、通称「センザキの沢」
熱くて触れないほどの熱湯が豊富に流れています。

hitokoma2013-1024-2.jpg
紅葉は麓まで降りてきました。
今年の紅葉はイマイチと言われていますが、麓のミズナラやカエデは比較的きれいに色づいています。

hitokoma2013-1024-3.jpg
沢の源頭から笹藪を漕いでたどり着いた小さな沼

hitokoma2013-1024-4.jpg
まるで堰のようなナメ床。
今回の沢はナメが多く、遡行は快適でした。

hitokoma2013-1024-5.jpg
突然現れた大滝を懸垂下降

今回は羅臼側の小さな沢から沢へ、ある溶岩を求めて調査していきました。
源頭まで詰めたら猛烈なササのブッシュを漕いでコルを乗っこし、別の沢へ降ります。
調査を始めて3日目、ある沢の支流で探してた溶岩をやっと見つけることができました。

これだけ歩き回っても、一回の調査で把握できるのはホントに狭い範囲。
何年もかけてコツコツ積み重ねていくしかありません。
最終目標である、知床半島の地質図(1/50000)完成まではまだ遠い道のりです。

おまけ
hitokoma2013-1024-6.jpg
沼ではなく、砂防ダム。
たくさんのカモが羽を休めていました。

コメント
センゼキの沢の温泉、とても気になります。かなり熱そうですが、冬はどうなっているのでしょうか。雪で冷ましたら入れるかも?とつい妄想してしまいます(笑)。
雪美 | 2013.10.24 23:51 | 編集
ここは冬でも周りの雪が解けて、温泉湧いているのがわかります。
浴槽がないので入浴はできませんが、足湯くらいならできるかも。
今冬に是非いかがでしょうか?
番屋北浜 | 2013.10.25 09:57 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。