スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九州縦断の旅 その3 別府~大牟田・有明海

2013.11.27 (Wed)
前回の続きです。

屋久島を朝一番の高速船で離れ鹿児島へ。
hitokoma2013-1127-1.jpg
朝陽と種子島

鹿児島からはレンタカーで一気に大分は別府まで移動。
hitokoma2013-1127-2.jpg
由布岳。豊後富士と呼ばれる見事な山容。

別府の隣町、日出(ひじ)に住む友人宅にお世話になった。
6年前まで羅臼に赴任していた学校の先生で、羅臼山岳会では一緒に知床の山々に登った岳友だ。
hitokoma2013-1127-3.jpg
ピカピカの新居は、別府温泉の夜景が一望できる絶景リビング付。
久しぶりの再会ということもあり、夜景を肴に夜遅くまで酒を酌み交わす。

翌日は一緒に由布岳を登る予定であったが、悪天候で断念。
もし悪天候じゃなくても、二日酔いで行けたかどうか。
代わりに別府温泉を案内していただいた。
hitokoma2013-1127-4.jpg
別府がいかに潤沢な温泉か、この景色で納得。

時おり、激しい雨が降る温泉街を散策後、友人と別れて湯布院へ。
九州横断道路は紅葉が見頃で、まるで10月の知床横断道路を走っているようだ。
hitokoma2013-1127-9.jpg
晴天なら、由布岳や鶴見岳を見ながらの素晴らしいドライブコースだろう。

湯布院の温泉でまったりしてから、西へ向う。
目標は佐世保だが、12年ぶりの旧友に逢うため大牟田へ立ち寄る。
彼の実家はみかん農家で、ちょうど収穫期。
hitokoma2013-1127-7.jpg
積もる話もそこそこに、選別作業を手伝うことに。
ここには12年前もみかん収穫の手伝いに立ち寄ったことがある。
ご両親が僕を覚えていてくれたのは嬉しかった。

翌日の行き先を聞かれ、佐世保から五島へ渡ると言ったら、
「ここからならフェリーが良いよ」とのこと。
なるほど、有明海を渡って長崎へ行くのか!これは思いつかなかった。

というわけで朝一番のフェリーで有明海を渡った。
hitokoma2013-1127-8.jpg
多比良港と雲仙岳
僅か40分の船旅、乗客は運送関係のおじさんしか居なかった。
佐世保まで走ってレンタカーを返して五島行きの船を待つ。

その4へつづく

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。