スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九州縦断の旅 その4 上五島(中通島)

2013.11.29 (Fri)
今回の旅で五島に渡る目的は、18年ぶりの旧友に逢うため。

彼は海水から天然の塩を製造して生計を立て、自給自足を高いレベルで実践している。
くらしの学校「えん」

それは五島列島の中通島(新上五島町)の中心から車で20分ほど離れた小さな集落にある
hitokoma2013-1129-1.jpg
ここは彼が来るまで廃村だった。
彼が単身移住して森を切り開き、塩の製造で成功したことがきっかけで集落は復活したそうだ。

hitokoma2013-1129-2.jpg
環境教育として、子供たちとともに自給自足生活を営むキャンプを実施している。

今回は海水から塩を作る工程を見学させていただいた。
hitokoma2013-1129-4.jpg
24時間、ほぼ一年中休みなしで火をたき続けるとのこと。

hitokoma2013-1129-3.jpg
海水から作った天然塩。甘みがあって市販のものとは味が全然違う。

奥さんの千鶴さん(千鶴さんのブログ)
hitokoma2013-1129-5.jpg
地鶏と烏骨鶏の産みたて卵は激ウマ。

hitokoma2013-1129-6.jpg
息子の大志君は秘密基地に案内してくれた。

滞在中の天候は最悪で、強風、大雨、さらには雹や霰までも。
「北海道から寒波を連れてきたな~」
といわれ、まったくそのとおりでございます、というしかない。

最終日は嵐の中、外で石釜ピザパーティー
hitokoma2013-1129-8.jpg
これがまた美味かった。

18年ぶりの酒を酌み交わしながら、彼が今までの道のりを語ってくれた。
「田舎暮らし」とか「エコライフ」とか、そんな生易しいものではない、本物の生き方に圧倒された。

これまで、何度もテレビやマスコミの取材を受けてきたとのこと。
しかも、今回は県立長崎大学の授業で講演を頼まれているらしい。

というわけで、僕も一緒に島を出て大学の講演を聞きに行くことに。(大学の許可は得ています)
hitokoma2013-1129-9.jpg
学生に混じって彼の生き様や自然に対する考えを受講してきた。

その後は大学教授を交えて3人で飲んだ。
僕の北海道での暮らしにも興味を持ってくれたらしい。

久しぶりの一人旅、後半は旧友と呑んでばかりだった。
皆いろいろな生き方をしていて、たくさんの刺激を受けて帰ってきました。
ともあれ、僕はここで生きていきます。

コメント
あれっ?1人で行ってたの?
知床桜 | 2013.11.30 18:52 | 編集
そうです。今回は別行動で。
番屋北浜 | 2013.12.07 19:03 | 編集
カキコしようと思いながらすっかり時は過ぎてしまいました。
良い意味での「類友」だなぁって今回の一連の旅拝見(*^_^*) 上五島、キリシタンの歴史や教会などにも胸打たれるものがあったのではないでしょうか?福江島の短い滞在でもその辺りは十分に感じ入られて次回は上五島も含めてゆっくり巡りたいものだと思ったのでその節は「くらしの学校」にも寄らせて頂けたらと思いながら拝読しました。
ツーリスト今中 | 2013.12.15 23:18 | 編集
福江に行ったことあるのですね。今回はあまりキリシタン教会などは見る時間ありませんでしたので、次回はゆっくり観光したいと思います。
「くらしの学校えん」へも是非!
番屋北浜 | 2013.12.17 21:37 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。