スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厳冬の羅臼湖・天頂山

2014.02.24 (Mon)
1泊2日で、リピーターさんと共に厳冬期の稜線を目指しました。

2/23 熊の湯~目梨沼付近標高600まで。
目梨沼から上は猛烈な地吹雪、風を避けて針葉樹林帯にBC設営
hitokoma2014-224-1.jpg

2/24 早出して、見返り峠で日の出を迎える
hitokoma2014-224-2.jpg
国後、流氷、朝陽。
厳冬期の山で泊まった人だけのご褒美です。

hitokoma2014-224-3.jpg
厳冬期の羅臼湖

hitokoma2014-224-4.jpg
羅臼湖を眼下に高度をあげる

アイゼンピッケル持参も、日差しで雪面が緩みスノーシューで上がれました
hitokoma2014-224-5.jpg
厳冬期の稜線

登頂のタイミングで隠れていた羅臼岳が姿を現す
hitokoma2014-224-6.jpg
天頂山山頂にて

山も海も真っ白
hitokoma2014-224-7.jpg
流氷で覆われた海

最高の天気に恵まれ、昨夏連山縦走を達成したパワフル姉妹のリクエストにお応えして、厳冬期の稜線に立つことができました。
絶景の連続にお2人はもちろんのこと、自分も久々に感動する時間をいただきました。

おまけ
hitokoma2014-224-9.jpg
エビのしっぽと知西別岳

コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2014.03.01 22:41 | 編集
冬のお泊まりガイドもやっているんですね!
もちろん客にかなりの条件付きではありそうですが。
装備も大変そう。。。。。。
でもえそれに値するだけのものはあり!
垂涎~タラ~!

小樽赤岩で古傷の膝が疼くようでは駄目だ。。。。

ツーリスト今中 | 2014.03.04 15:44 | 編集
今回の山中泊はリピーター様限定です。さすがに厳冬期山中泊は一般メニューにはできませんが、低標高の樹林帯で冬山キャンプ体験メニューもいいですね。装備は確かに重たいし、明け方の寒さといったら、寝袋から出るのが大変ですが、それに見合う価値はあると思います。
番屋北浜 | 2014.03.04 19:12 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。