スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬から春へ

2014.03.24 (Mon)
そろそろ冬のシーズンも終わりですが、これから春山が楽しい季節。
羅臼とウトロ、それぞれ別のリピーターさんと歩いてきました。

3/23 まだ吹雪の余韻が残る羅臼。
知床岳を目指すはずが、相泊は通行止で行けず。
東岳へ変更も、稜線は強風で視界なし。
標高500mの山ならなんとか行けそうだったので、北浜岳(通称)へ

hitokoma2014-324-1.jpg
番屋から入山して重い雪のラッセルに苦しみつつ高度を上げる

山頂直下の雪は飛ばされてカリカリ。風も強くて厳冬期の稜線のようでした。
ここから痩せ尾根の登りなので、念のためアイゼンピッケルロープを出す。
hitokoma2014-324-2.jpg
山頂にて。ルサのっこしの奥にルシャ沖の流氷が見えた。

hitokoma2014-324-3.jpg
東岳、ルシャ山方面

アイゼン、ピッケル、アンザイレンなど、冬山の練習にちょうど良い山です。
雪の状態が良ければスノーシューでも登れます。


3/24 一転して春の陽気になったウトロ
フレペの滝~男の涙~象の鼻と森林トレッキングしてきました。
hitokoma2014-324-4.jpg
男の涙はシカだらけ。

hitokoma2014-324-5.jpg
象の鼻。知床連山もきれいに見えました。
こんな簡単に絶景の場所に行けるウトロが羨ましい。

hitokoma2014-324-6.jpg
ウトロのシカは人馴れして逃げない。
羅臼のシカは近年追われて警戒心が強くなって近づけない。

おまけ
hitokoma2014-324-7.jpg
今日はクマゲラにも出逢えました

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。