スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラサウヌプリ~牙

2014.04.21 (Mon)
ラサウヌプリは遠音別岳と海別岳の中間に位置し、斜里へ向かって派生する「ラサウの牙」と呼ばれる岩稜を抱えてる。前回の山旅で稜線から見えた痩せ尾根があまりにキレイだったので辿ってきました。

羅臼峯浜から入山し、陸嶺川源頭550にBC設営。もう少し高度を上げたかったが稜線は風が吹き荒れている。
翌朝早出するが、相変わらず稜線はガスと強風。とりあえずラサウヌプリだけでもと思い、視界の効かない細尾根を辿る。
hitokoma2014-420-1.jpg
例年ならハイマツ漕ぎだが、今年は雪が付いて歩きやすかった。

展望ゼロのピークを踏んで、さてこれから牙へ行こうか下山しようか迷う
hitokoma2014-420-2.jpg
吹き付けるガスで、自分にエビのしっぽが出来そうだった。

なんとなく空が明るくなってきたのと、予報も良いので「ラサウの牙」へ向うことにする。
稜線を越えて斜里側に300mほど下り、尾根の取り付き部分を探すが視界がなく難儀した。
ようやく牙への尾根に取り付くと、だんだんガスが晴れてきた。
hitokoma2014-420-3.jpg
突然目の前に現れた岩峰

登ってみたら痩せ痩せでした
hitokoma2014-420-4.jpg


痩せ尾根を登ったり下ったり、牙に着くころにはすっかり良い天気になった。
hitokoma2014-420-5.jpg
ラサウの牙

牙の頂上直下は垂直の岩壁。落ちたらイヤなので今回は登らなかった。

帰路はすっかり晴れた稜線を気持ちよく歩く。
hitokoma2014-420-6.jpg

hitokoma2014-420-7.jpg
ラサウからの知床連山

稜線で見つけたエゾユキウサギの足跡は、道しるべのようにラサウの牙まで続いていた。

おまけ
hitokoma2014-420-8.jpg
今回辿った岩稜(一番奥の突起が牙)

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。